遺品整理 大阪/オールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

大阪でお引越シーズンで遺品整理を行うべき?

大阪で遺品整理を行っているオールサポートPROです。
引越シーズンの3月。。。繁忙期を目の前にして遺品整理を行うべきかのご説明をさせていただきます。

1、3月の引越繁忙期シーズンと遺品整理の関係性

3月になり引越業界はかなり忙しくなっております。また遺品整理業者には、かたづけ・不用品かたづけ・お引越を行う遺品整理業者もいらっしゃいます。繁忙期で他の問い合わせも多く費用が高くなってしまうケースがございます。ですからもし3月でご希望であればなるべく早めのお見積もりを行い空いてる日時に行う様にしましょう。

2、繁忙期の3月になるとどれくらい遺品整理費用が高くなるの?

3月の引越業界での相場の変動は約1,5倍から2倍になると言われております。3月の月末になると2倍になるケースが多く、もしくは仕事が入らない可能性があります。遺品整理業社でも中には引越業界と一緒ぐらい高くなる業者もおりますのでなるべく相見積もりを取られてご検討されてなるべく慎重にご判断された方が良いかと思います。

3、どうしても3月に遺品整理をご希望のお客様は?

もしどうしてもお客様の都合上遺品整理を3月にご希望のお客様はかなり早めのお見積もりを行った方が良いでしょう。遺品整理のお見積もりも通常の見積もりの算出を行ってくれますし、予定も空いておりますのでぜひ1ヶ月前に遺品整理のお見積もりをご相談ください。そうすれば色んなご提案も出来て通常の遺品整理よりお安く済む可能性がございます!

4、注意!!3月を理由に高くなる遺品整理業者も!!

3月はどこも高いとお客様が予想されている方もいらっしゃり、高額料金を提示されてしまう遺品整理業者もいらっしゃいます。必ず3月だからいうのを理由に諦めるのではなく「本当にこの業者でいいのか?」・「この金額は適正化か?」を考えて判断をおこなってください。

大阪で繁忙期3月に遺品整理業者を行うお客様へ

繁忙期に遺品整理を行う際は早めに日程を抑えることと、お見積もりを行うことが最大のお安くする方法かと思います。また業者によっても料金の算出方法は違いますので必ず金額のご確認をお願いいたします。オールサポートPROでは、費用の算出は基本的に日程の空き状況ベースで決めておりますので早めに抑えることが何よりもお得にしかもスムーズに対応することが出来ます。ぜひ遺品整理やおおがかりな作業を3月に行おうとしている人はお考えくださいませ。少しでもお客様が安心に遺品整理を依頼出来る願っております。

大阪で遺品整理の買取相場実際どのくらいあるの??

オーディオの処分方法 オールサポートプロ

大阪で遺品整理を行っているオールサポートPROです。

本日は、最近テレビで話題の遺品整理の際の買取に対してのブログです。遺品整理を行う際の買取が実際どれくらいあるかのご説明をしてまいります。お客様はなかなかどれが買取でどれが処分にまわるのかわからない物です。今回は、だいたい状況別で買取品や無料引き取り品がどれぐらいあるかのご説明をさせていただきます。

1、遺品整理の際に買取りができる物ってどんな物

遺品整理のお荷物はお客様のお部屋の状況によってバラバラでございます。ですから今回はこんな物が売れる売れないのご説明をさせていただければと思います。家電製品に関しては年代が古かった売れないとありますが、そうではありません。冷蔵庫や、洗濯機などの生活家電製品に関してはあり得ますが、趣味趣向で購入されているオーディオ機器(スピーカー・レコード)、古い年代物のランプなど 趣味趣向が強そうなお品物は年代に関係なく買取できるケースがございます、あながち年代ではなく、状況によって変わるケースがございますので現物を遺品整理業者に確認されてからお考えされた方が良いかとおもいます。では、こちらに下によく買取になりケースのお品物を記載しておきます。

買取に比較的にリスト※

・工具類・アンティーク家具・ブランド衣類・ブランド品・骨董品・絵画・専門書類・食器・未使用の雑貨・洗剤・切手・着物

他にも色々ございますが、通常よりもかなりのお荷物が多いため、買取ができる遺品整理業者に依頼するのが得策かと思います。通常の遺品整理業者とリサイクル知識がある遺品整理業者では金額やサービスの内容にかなり差が出てしまいますので必ず専門知識のある大阪の遺品整理業者にご依頼ください。

オーディオの処分方法 オールサポートプロ

2、どれぐらい値段が変わるの??

はい。ここからが重要です。遺品整理の際の買取ですが実際はお品物の数量・状態により変動はしてしまいます。また、せっかく売れるのに状態が悪い、箱が破けているなどで買取不可の商品も多く存在しています。買取方法によってお品物一つでは買取ができないのでまとめてでいくらと買取する場合もございます。その際の買取相場を下記に記載しておきます。

買取相場※

・電気工具類(¥3000~¥10000)・工具類まとめ(¥2000¥5000)・アンティーク家具(¥10000~)・ブランド衣類(¥1000¥¥5000)・骨董品(¥50000~)・絵画(¥10000~)・専門書類(¥2000~)・食器(¥500~)・未使用の雑貨まとめて(¥1000~¥5000)・洗剤まとめて(¥1000~)・切手まとめて( ¥1000~)・着物(¥2000~)

あくまでも買取概算です。状態と・価値で費用が変動いたしますのでご了承くださいませ。

c34b732f45807beb3c5ad1e98cc6d412_m

3、最近需要の増えてきている遺品買取サービス。

テレビの影響もあってか遺品整理の認知はどんどん増加しており、さらに買取をお客様のご負担を抑えるサービスが今の遺品整理業界の主流になっております、

遺品整理に専門の知識を持っているのはもちろんのこと買取に対する知識を求められているのが今の遺品整理業者の必須スキルになります。ぜひお見積もりの際は遺品買取ができる業者を選びましょう。オールサポートPROではリサイクルに長けた遺品整理業者ですのでしっかりと買取査定をさせていただきます。遺品整理の際の業者選びのお困りの際はいつでもご相談ください。スグに駆けつけます!!

スクリーンショット 2018-09-28 23.47.31

残されて困る遺品とは

残されて困る遺品とは

 

こんにちわ、
大阪市城東区で遺品整理を行っている
オールサポートPROのコラム担当Hです。

 

もしあなたが亡くなった時に、家の中に大量の荷物が残っていた場合、ご家族はどう思われるでしょうか?
まずは法要が行われ、その後に部屋を綺麗にしなければなりません。
この時に思うことは、
「なんでこんなに物を溜めてるの」
「全部ゴミなのじゃないの」
「どうやって処分していいかわからない」
などネガティブなことを思う人が多いと思います。ですが、故人の思い出の品、貴重品などもその中にはあるわけで、すべてが不用品として扱われるわけではありません。
そこで残されて困る遺品が何かという部分を記事にまとめてみましたので、ご参考にしてみてくださいね。

 

 

遺族が扱いにこまってしまう遺品

 

1.写真やアルバム、手紙など

遺品整理時に扱いに困るものの一つ「写真・手紙」
故人の記録が残され、生きていた証である写真と手紙は遺族にとっても思い出がたくさん詰まっています。
ただでさえ自分の写真を捨てるのもためらってしまうのに、故人の写真を捨てるとなるととても気が引けます。生前から大量の写真や手紙はある程度整理しておくことが大切です。
現在では写真をデータに直して保管することもできます。

 

 

2.趣味で集めた道具

故人が生前、趣味にしていた道具やコレクションも遺族にとっては扱いに困る品物です。
故人がどんなに大切にしていたとしても、価値がわからなかったり、興味がな場合、遺族にとっては不用品でしかありません。手放すのは惜しいかもしれませんが、遺族に負担をかけないためにも整理を行なっていきましょう。同じ趣味の仲間に譲ったり、リサイクルショップで買い取ってもらったりとできることから初めて見ましょう。

 

 

3.洋服・着物

洋服や着物などは「この服、良く着てたな。」「この服、私がプレゼントしたやつだな。」など故人が生前に着用していたことを思い出し、なかなか捨てられないものです。
しかし、すべての衣類を残しておくわけにはいきません。遺族に負担をかけないためにも、着ることがなくなった洋服や着物は処分しておきましょう。

 


 

いかがでしたでしょうか?
故人にはとても大切なものでも、残されたご家族はその思いに気づかずに捨ててしまうなんてことだけは避けたいところです。遺品整理を行うと、懐かしい思い出を家族で共有することができます。
ついこの間まで住んでいた部屋から遺品が運び出された後は涙がこぼれそうになりますが、しっかりと思い出の遺品を整理することで故人、家族全員が次のステップに進めるのです。
このようなことは誰にでも訪れることなので、他人事と思わずに事前知識を持っておくと良いでしょう。
どうしても自分では処分できない場合は遺品整理業者に依頼する手段もあります。多数の遺品整理を行ってきたオールサポートPROだからこそできる気配りとご家族の立場に立って遺品整理を行う親身さは他の業者には負けません。万が一の際はいつでもお電話ください。
あなたの不安をまるごと消し去るご提案を行います。

 

深い悲しみを癒すには~グリーフワークの反応~

オールサポートプロ 深い悲しみを癒すには~グリーフワークのプロセス1~

みなさんこんにちは、高槻市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

グリーフワークとは、大切な人やペットなど心の支えになっていたものからの別れを経験した時に、強い悲観状態にある中始まり、回復に向かうまでの心の過程を表しています。
人は強い悲しみから自分の身を守るために、精神的・肉体的な防御反応がはたらきます。

一般的にグリーフワークは、
ショック期→喪失期→閉じこもり期→再生期
を経て深い悲しみを乗り越えます。

この過程で体や心に現れる悲観は様々な形で現れます。

1.身体的症状
食欲不振、睡眠障害、頭痛、嘔吐、筋力の低下、身体的苦痛、消化不良、動悸、アルコール依存症、薬物依存症など

2.心理的症状
不安、憂欝、怒り、敵意、絶望、幻覚、孤独、思慕、罪悪感など

3.行動的反応
泣く、落ち着かない、故人を探す、過活動など

詳しく例を言うならば、
・故人の存在を感じたり、人混みの中にいるかもしれないと探す。
・無理に忙しくして、故人の死を考えないようにする。
・「あの時もっと優しくしていればよかった」「他の病院に行っていれば助かっていたかもしれない」などと後悔する。
・強い精神ストレスから家事・仕事に手がつかなくなってしまう。
・自分の気持ちなんてわかってもらえないと感じ、疎外感・孤独感に苛まれる。
などが挙げられます。

このような症状は人によって異なります。そして一見異常に見えても全て正常な反応なのです。
グリーフワークを経て、無事に再生期を迎えれるように周りの関係者は援助の手を差し伸べることが大切です。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

深い悲しみを癒すには~グリーフワークのプロセス2~

オールサポートプロ 深い悲しみを癒すには~グリーフワークのプロセス1~

こんにちは、四條畷市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

前回に引き続きフリーフワークのプロセスをご紹介いたします。

3.閉じこもり期
死を受け止めることができた段階です。しかし受け止めたが為にこれからに希望を持てなくなってしまったり、どうしたら良いか答えを見出せない時期です。
無気力に見えたり、抑うつ状態になってしまうこともあります。
また、故人の死は自分のせいだと思い込んだり、もっとこうしていればよかったと過去を後悔する方もいらっしゃいます。

4.再生期
最後にやってくるのは「再生期」です。
大きな衝撃を受け、悲しみ、現実を受け止めた後にその人のいない人生を新たに歩み始める時期です。新たな人間関係、環境を受け止め歩んでいきます。

このようにとても長い時間をかけて人間は愛する人の死を乗り越えていきます。
ここまでの道のりはとても長いものです。
配偶者の死別の場合1年から2年、子供との死別の場合2年から5年と、長い間のグリーフワークを経て、死の悲しみを乗り越えます。

周りにいる人は、遺族の深い悲しみの気持ちや行動を認め、話をじっくり聞いてあげましょう。不安な気持ちに寄り添うことで苦しさを少しずつ取り除くことができます。
ただし悲しまないように励ましたり、悲観することは悪いことだと正したりするのは逆効果になるので注意しましょう。

お困りごとの際は、オールサポートプロまでご相談ください。

生前整理のご案内

生前整理 大阪

オールサポートPROの神田です。
本日の内容は生前整理についてご説明させていただきます。

みなさま、生前整理をご存知でしょうか??
突然の不幸が起き、急に対応するのではなく、生前の内に、荷物の整理や、手続き関係を終わらすことにより、残された家族が困らないように行うことを指します。
遺品整理業者だけではなく、相続関係、葬儀関係なども業者の方も関係してきますので、ぜひ整理を行って起きたいところであります。
お客様の中には、「それ私に関係あるの??」と思いがちな方が多いですが、相続によるトラブル件数は、「資産5000万以下の方が半数」というデータも出ております。

「私たちは仲がいいから大丈夫」というのが後で問題になるケースがほとんどです。
ぜひ今の内に対策をお考えくださいませ。

オールサポートPROでは、生前整理・終活に関する相談窓口も行っております。
遺品整理以外のご相談も受け付けておりますのでお困りの際はぜひご相談くださいませ。

pagetop