大阪 生前整理/オールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

大阪での高齢者の生前整理のお手伝い。

エンディングノートと遺言書の違い【大阪府吹田市】

大阪で生前整理を行っているオールサポートPROです。

本日は、大阪での生前整理のお手伝いについてご説明させていただきます。

1、生前整理とは?

生前整理とは、生前元気なうちに自分の身の周りの整理を行うことを指します。家の売却や、遺言書など、突然の出来事が起きた際に周りの親族が混乱せぬ様声事前に行っておくことにより、迷惑をかけることなく行うことが出来ます。昨今のでは、生前整理に対する知識や、手順を書いた本も出版されているほどで、大阪でも生前整理に関する認知度はとても高まってきております。

エンディングノートと遺言書の違い【大阪府吹田市】

2、自分に不幸が起きた時の予測を事前にしておく。

生前整理は自分が亡くなった時に、というなかなか気持ちにも整理の付きづらい所から始まります。そのためにまずは今ご自身の現在の資産状況、親族との距離感や、葬儀関係、銀行関係などを把握しておく必要があります。もし、お近くにご親族の方がいらっしゃり友好な関係を築けているのであらば、あらかじめご相談しご一緒に時間をかけていただいて整理を行って行くのが得策でしょう。

遺品整理でお困りの際はオールサポートプロへ

31人で生前整理を行わないと行けない場合は??

もし、お一人で行う場合は生前整理の際に把握のしやすいエンディングノートという本がございますのでそれを利用していただいて行うのが分かりやすく整理しやすいかと思います。その中には整理に必要な書類関係や、手順で全て記載しておりますので一つ一つ把握しながら行うことが出来ます。もし万が一難しい場合は、ノートを利用するのも一つの方法でしょう。

4、大切な人にエンディングノートを渡しておきましょう

もし万が一の事が起きた時の為にエンディングノートは記入して自分の信用出来る人に渡しておきましょう。受け取った方は中身を理解して起きご親族の方にご説明し、その手順にそって行うことによりスムーズに行う事が出来ます。そのためにはしっかりと事前に状況を把握し、常にスグに連絡のとれる状況を作っていてください。

遺品整理士って?守口市

大阪で生前整理をお考えの方へ。

高齢者の独居が増えていくなか、生前整理に対する認知度も年々増えてきております。最近ではテレビの特集でも生前整理のを題材にあげたドラマも取り上げられているほどです。オールサポートPROでは、高齢者の方に合わせた生前整理サービスもご用意しておりますのでもし、周りに依頼が出来る方がいらっしゃらない場合は、ご相談くださいませ。お客様と親身になり問題を一つ一つ丁寧に解決していきます。

大掃除と生前整理【大阪市中央区】

大掃除と生前整理【大阪市中央区】
大掃除と生前整理【大阪市中央区】

皆様こんにちわ。
大阪市中央区で遺品整理を行っているオールサポートPROです。

 

2018年ももう残すところわずかとなりましたね。
できる限りの大掃除を行って新年を迎えたいと思っている方が多いと思います。
このような時期的なタイミングで大掃除を行うことに対して習慣的になっていますが、生前整理もタイミングがあることをご存知でしょうか?

そこで今回は下記のような記事内容で生前整理がいかに大事かを
知っていただければと思っております。

 

≡目次≡
⇒生前整理を行うタイミングとは
⇒生前整理をすることでどう変わるのか
⇒これだけはやっておきたい必要最低限の整理

 

 

生前整理を行うタイミングとは

 

生前整理という言葉よりも「終活」という言葉の方が最近は馴染みがあるかもしれません。
自分が亡くなった後、相続問題や遺品整理で家族に苦労をかけないためにできる整理のことです。
そんなこといつやったらいいの?と思う方も多いと思いますがいろいろなタイミングが存在します。

 

①定年を迎え仕事がひと段落した時

②年末の大掃除に合わせて

②家を引き払って介護施設へ入居する時

 

早く行うことに越したことはありません。
なぜかと言うと、高齢になってからの整理は体力や精神的な問題で辛いことが多いからです。
自分ひとりで行うと時間もかかり、黙々と作業することに耐えられない場合もあります。
また認知症などを発症してしまうと相続対策もできなくなってしまうからです。

 

 

生前整理をすることでどう変わるのか

 

前項でタイミングがわかったと思いますが、次に生前整理をすることで、
その後の人生がどう変わるのかについて話していきたいと思います。
生前整理を行うメリットとして「第二の人生のスタート」が始まります。
部屋の荷物や相続を早めに終わらせることで荷物がシンプルになり気持ちが明るくなる方が多いです。
老後を楽しく過ごそうという考え方はとても良いことで毎日が楽しく、
いろいろ考えて過ごすことで認知症の予防や気力の持続につながります。
こうした理由から皆様、早めの生前整理、終活を行う方が増えております。

 

 

これだけはやっておきたい必要最低限の整理

 

もしご自身で生前整理を行う際は、
まず衣類、家財道具、写真などの整理から始めてはいかがでしょうか?
特に写真はご家族との直接的な思い出になりますので、しっかりと整理しておくと良いでしょう。
またご家族と一緒に整理することで思い出を振り返ることもできます。

 


 

最後に、私たち、オールサポートPROに生前整理をご依頼いただくと、
家の中の整理から不用品の処分、買取り、相続関係まで
まとめて行うことができます。

エンディングノートと遺言書の違い【大阪府吹田市】

エンディングノートと遺言書の違い【大阪府吹田市】

 

みなさんこんにちは、吹田市で遺品整理を行っているオールサポートPROです。

 

突然ですがみなさんはエンディングノートと遺言書の違いはご存知でしょうか?
この2つの違いをきちんと理解しておかないと、遺族が困ってしまうかもしれません。

エンディングノートと遺言書に法的効力・書き方・内容・作成費用・開封のタイミングで5つの点の違いがあります。

 

 

1. エンディングノートに法的な効力はありません

 

作成の仕方にもよりますが、エンディングノートは基本的に法的な効力がなく、
自身の死後の相続手続きなどのことについて、お願いすることはできても
強制させることはできないのです。

一方遺言書には法的効力はあるため、相続財産の分割の仕方などについて
遺言書の内容に従わせることができます。

 

 

2.エンディングノートの書き方に決まりはない

 

エンディングノート…どのように書いてもよい(PC/スマホ可)

遺言書…決まった形式で書く必要がある(自筆のみ)
エンディングノートには法的効力がないので、自由に書くことができます。
市販のエンディングノートで書いたり、PCやスマホで作成したりできるのです。

一方遺言書は決められた形式で書かなければなりません。決められた形式以外の
書き方をした遺言書の内容は法的効力を持たないため無効となってしまいます。

 

 

3.エンディングノートに書く内容は自由に決められる

 

エンディングノートは書く内容も自由です。ご自身の生年月日や住所などを書いたり、葬儀の形式や遺影について書いたり、家族に感謝のメッセージを残したりすることもできます。

また、意識不明になってしまった場合の延命治療のことなど、生前のことについても書くことが可能であり、その形式は問いません。

一方遺言書は所定の形式で相続財産の処理について書かれていなければ、遺言としての効力を有しません。

 

 

4.エンディングノートは書く際にかかる費用が安い

 

エンディングノートの作成に費用はあまりかかりません。一般的な大学ノートで書いた場合は数百円、市販のエンディングノートを使うとしても数千円でしょう。

一方、遺言書の作成費用は数百円~数万円と幅があります。
遺言書には「自筆遺言書」と「公正証書遺言」の2種類があり、公正証書遺言の作成は数万円と高額です。
高額である代わりに、遺言書の効力に疑いがないというメリットがあります。

 

 

5.エンディングノートは死後すぐに内容を確認できる

 

エンディングノートは死後すぐに、もしくは生前でも確認ができます。
亡くなった方の希望をすぐに知ることができますし、意識不明の状態になってしまった場合にも内容を知ることができるので、遺族にとってはありがたいことかもしれません。

一方、遺言書の確認は家庭裁判所の検認受けたうえで、相続人全員がそろっていなければ、開封することができません。勝手に開封してしまうと過料を科される可能性があります。

しかしエンディングノートという形式でも、自筆証書遺言としての体裁を備えたものであれば遺言として扱う可能性もあります。

 


 

いかがでしょうか。エンディングノートはなるべく早めに
書いておいてもよいかもしれません。どちらもしっかり書き方を確認して
ご自身のため、遺族のためにも正しいエンディングノート・遺言書を用意してみてください。
当社では遺品整理のお手伝いをさせていただいております。
なにか不明点やご相談があればオールサポートPROにお気軽にご相談ください!

 

生前整理を行っているメリット【大阪市天王寺区】

生前整理を行っているメリット【大阪市天王寺区】

みなさんこんにちは、
大阪市天王寺区で遺品整理を行なっているオールサポートPROです。

 

みなさんは自分の生前整理についてちゃんと考えたことはありますか?
「まだ先の話だから考えなくてもよい」とお考えかもしれませが、
いつその時が訪れるか分かりません。
そうなる前に一度しっかりご自分の身の回りの整理をしてみてはいかがでしょうか。
今日は生前整理をしておいた時のメリットについてお伝え致します。
生前整理をしておくことはご自身にとっても家族にとっても
さまざまなメリットはあります。

 

 

1.残りの人生をどう生きるか考えるタイミングになる

 

生前整理とは持っているものや、部屋の中を整理することだけではありません。
これまでに築いてきた人間関係や、自分の残された人生のプランにおいても
今一度見つめ直し、整理していくことも目的のひとつです。

自分にとって大事なひとたち、関係を続けていきたい人たちと
やりたいことなどについてリストアップしてみましょう。
そうすることで自ずと残された人生をどのように過ごしたいか見えてくるはずです。

 

 

2.親族とのトラブルを回避する

 

生前整理として財産の相続についてしっかりと整理を行っておくことで、
残された家族が無駄な相続争いになってしまうことを回避することが出来ます。
自分の残した財産のせいで家族の関係がギスギスしてしまうのは、とても残念です。
残された家族の関係を良好にするために財産の整理はしっかりと行っておきましょう。
財産の整理については法的効力のある「遺書」として残しておいた方が安心かもしれません。

 

 

3.遺族の負担を軽くする

 

遺品の整理をすることは残された家族にとって、肉体的にも精神的にもとても
大変です。不要なものを前もって自分で処分しておけば、残された家族の負担を
軽減することが出来ます。

 

 

4.思い出のものを大切にすることができる

 

生前整理を行うことは、自分の持っているものを見直すタイミングになります。
必要なものと不要なものを分別しながら処理をしていくうちに、
本当に残しておきたい「思い出のもの」に気がつくことがあるでしょう。

思い出のものは、自分にとってとても大切なものであるにも関わらず、普段はタンスや引き出しの奥にしまいこまれていることが多く、なかなかそれらについて思い出す機会が少ないかもしれません。
生前整理の作業をきっかけにそれを大切に扱っていくことができます。

 


 

次に生前整理のやり方をお伝えします。

 

1.エンディングノートを作成します

 

生前整理を行う上で、まずはエンディングノートを作成することをおすすめします。
エンディングノートとは自分が生きているうちに、残された家族に伝えたい事柄や
メッセージを綴っておくノートのことです。家族への大切な思い出や、所持品の管理・処分方法、財産や相続に関することまで、死んだあとに家族に残しておきたいさまざまな事柄を綴っておくことができます。

 

 

2.不要なものを処分しましょう

 

エンディングノートを通して、自分の所持しているものを「不要なもの」と
「必要なもの」に分けることができたら早速不要なものの処分を行いましょう。
不要なものの処分について量が多いようなら。不用品回収の業者に依頼もできます。
沢山の荷物が出ても全ての不用品を引き取ってくれるため、とても便利ですよ!

またデータや不要な財産についても自分が所持しているものは全てきれいに整理しておきましょう。
そういった整理をする時間も、これから生きる人生のために
有意義な時間になるかもしれません。

 


 

生前整理を始めるなら、オールサポートPROにご相談ください!
生前整理を始めるがどうしたらいいか分からない、
不用品を一度にまとめて捨てたいが、捨て方がわからないなどのお困りごとや相談あがあればぜひ当社オールサポートプロにご連絡ください!
あなたの生前整理について一緒にお考えいたします。

大阪市 賃貸物件の遺品整理で確認しておきたいこと。

賃貸物件の遺品整理で確認しておきたいこと。

みなさんこんにちは。

大阪市住之江区で遺品整理を行なっている

オールサポートプロです。

亡くなった方が賃貸住宅に住んでいた場合、遺品整理をする際に注意する必要があります。

持ち家の場合、遺品整理を急ぐ必要はありませんが、賃貸住宅の場合は早めに遺品整理をする必要があるため、できるだけ早めに取り掛かる必要があります。

今回は賃貸物件の遺品整理方法についてご紹介します。

賃貸物件の遺品整理で確認しておきたいこと。

賃貸物件の遺品整理で確認しておきたいこと

契約書を確認する。

家賃や契約ルールについて記載されている賃貸契約書を探しましょう。
亡くなった方が賃貸住宅に入居している場合、貸借の権利は相続人になります。
相続人は契約を解除する必要があります。
退去日の確認、支払わなければならない家賃の金額などを確認しておきましょう。

遺品整理を早めに取り掛かる

退去日が決まったら早急に遺品整理に取り掛かる必要があります。
遺品整理が終わらないと物件を明け渡すことができず、家賃を延長して支払わなければならないため、早めに行いましょう。

入居者がなくなった後、物件を明け渡すまでは1ヶ月程度がほとんどです。

遺品整理を急ぐ場合は遺品整理業者に依頼しましょう。

遺品整理を急ぐ場合は遺品整理業者に依頼しよう

早急に遺品整理を行わなければならない場合、遺品整理業者に依頼しましょう。

遺品整理業者に依頼するメリット

・時間と手間をかける必要がないため、負担が少ない。
・大きくて重い家電や家具の処分を代行してくれる。
・遺品の分別をしてくれる。

遺品整理業者は遺品整理に関わるほとんどのことを代行してくれます。
重さがある不用品の処分を代わりにやってくれるため、
体力に自信のない高齢者の方や、女性の方にはオススメです。

遺品整理の流れは?

1.ホームページを見たりチラシを見て無料見積もりをお願いする。
2.複数者見積もりを行う。
3.契約する。
4.作業の日程を決定する。
5.当日の作業を見守る。
6.作業の終了、精算をする。

遺品整理は当社オールサポートプロにお任せ下さい!

当社では遺品整理のお手伝いをさせていただいております。
知らない人に任せるのは怖いという方もいらっしゃるかもしれませんが、当社では経験豊富なプロのスタッフが在籍しております。
不安なこと、疑問に思うことなどあればお気軽にご相談くださいませ!

東大阪市 地震に備えてできること。不用品を減らそう

地震に備えよう オールサポートプロ

みなさんこんにちは。

東大阪市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

2018年もあと2ヶ月になりましたね。

今年は災害が多く、豪雨や台風、地震などで尊い命が奪われていく悲しいニュースが多かったように思われます。

私たちは日本に住んでいる以上、災害に備えなければなりません。

いつ何が起こっても命を守るために準備をしなければならないのです。

関西や四国、東海では南海トラフが30年以内に起こる確率が80パーセントという予測が立てられています。
これらの災害に対して対策を行なっているのは4割ほどで、6割ほどは何も対策を行なっていません。

いつ何があってもお家の中で安全に過ごせれるように、
今からでも遅くないので準備をしていきましょう。

地震に備えてやっておくべきこと

地震に備えてやっておくべきこと オールサポートプロ

家具転倒防止

地震が起きると家具が転倒する可能性が高いです。
被害が大きいと逃げ道が倒れた家具によって逃げ道が塞がれてしまったり、家具の下敷きになって怪我をしてしまう恐れがあります。

家具が倒れてこないように、家具を壁に固定したり転倒防止のための器具を取り付けましょう。伸縮棒やL字器具、ベルト、チェーン、ポール、ストッパー、粘着マットなど様々な家具転倒防止がホームセンターなどで販売されているため、最良なものを選びましょう。

窓ガラスの飛散防止

地震の揺れで窓ガラスが割れてしまうこともあります。
窓ガラスが割れると鋭い破片になって頭上から降ってくる危険性があります。
さらに窓ガラス本体が落下してくるケースもあります。
ガラスが散乱すると避難経路をとても危険にしてしまいます。
家の中だと裸足で過ごしている人も多く、ガラスの鋭い破片が散らばっているとけがをしてしまいます。
飛んできたガラスや散らばったガラスでけがをしないように、飛散防止のフィルムを窓に貼っておくと良いでしょう。

不要なものを処分しよう。

お家の中に物がたくさんあると地震の揺れで物がたくさん散乱して、通路をふさいでしまう恐れがあります。
そのため、使っていなかったり壊れているものは処分を検討しましょう。
使ってもいないものに命を脅かされてはたまったものではありません。

不用品の処分を依頼するならオールサポートプロへ

地震で家具の倒壊などが心配という方は当社オールサポートプロにお任せ下さい。
命を脅かす不用品がある際は速やかに回収させていただきます。
お困りごとの際はオールサポートプロにお任せ下さい。

守口市 将来は孤独死?高齢者の一人暮らしで気をつけるべきこと

高齢者の一人暮らしで気をつけたいこと。

みなさんこんにちは、守口市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

現在の日本は少子高齢化、核家族化による
一人暮らしの高齢者世帯が増えつつあります。

都会では地域住民との繋がりや家族との関係が希薄になっている方も多く、孤独死の数も増加傾向です。

ではこのような状況にわたしたちはどう立ち向かっていけば良いでのしょうか。

今回は高齢者の一人暮らしで気をつけたいことについて考えていこうと思います。

超高齢化社会を楽しく安全に暮らそう。

超高齢化社会を楽しく安全に暮らそう。

若い時に抱いた60代のイメージって病気になったり記憶力が悪くなってしまったりとても大変なものだと思っていませんでしたか?
現実の60代はまだまだ活力に溢れており、現役で働いている人もいます。

現在は人生100年時代とも言われ、60代はまだまだ若い世代です。

その先の70代・80代を有意義に楽しむためには、安全に暮らしていくことがとても大切です。
もしあなたが一人暮らしの場合、自分自身で管理していく必要があるため特に意識したいところです。

安全に暮らすために大切なのは家の中から

ご自分の安全は家の中から

日々の生活の大半は家の中で過ごすことになります。
安全に暮らしていくために大切なのは家の中での事故を防ぐことです。
家の中で起こる事故は交通事故の数よりも多く、家の中にはたくさんの危険が潜んでいます。
高齢者の場合、一度事故にあってしまうと治りにくく回復に時間がかかってしまいます。
事故の原因を取り除き、安心して暮らせれるように対策をしていく必要があります。

家の中を改善しよう!できる工夫とは?

家の中を改善しよう、今すぐできる工夫とは?

家の中での事故を防ぐためにできることをまとめました!

転倒や転落、ものの落下を予防する。

家の中での転倒や転落を防止するために、段差をなくす工夫をしましょう。
階段や廊下、浴室などに手すりをつけたり、足元の照明を増やしたり、床にはつまずきそうなものを置かないようにしましょう。
また滑りやすい履物(スリッパ・靴下)を履かないようにしましょう。

タンスや冷蔵庫の上など高い場所にものを置いている場合は、ものを低い位置に移動させましょう。
地震の揺れなどで物が落ちてきて頭や足などを怪我してしまう可能性があります。

浴室内の事故を予防する。

浴室内の事故はとても危険です。

意識を失い溺れてしまったら最悪の場合、亡くなってしまう可能性があります。
冬になるとヒートショックの事故も増加するため、念入りに気をつける必要があります。脱衣所と浴室内の気温差をなるべく小さくするために暖房を設置したり、熱いシャワーを浴室内にかけ浴室内の温度を高くしましょう。

さらに、溺水を避けるためにも長湯や飲酒後の入浴は避けましょう。

また浴室内で転倒しないために手すりを設置したり、床には滑り止めのマットを敷きましょう。

熱中症対策をする。

熱い夏は熱中症に気をつけたいものです。
家の中で熱中症にかからないように、エアコンや扇風機を使って部屋内の温度を28度以下に調整しましょう。

孤独死を避けるためにも安否確認や見守りサービスを利用しましょう。

見守りサービスを利用しよう オールサポートプロ

上記のような対策を行なっていたとしても、事故を必ず防げるわけではありません。
万が一の事故や急な体調不良の際に助けを求めること存在を一つでも作っておくことが大切です。
例えば、緊急時に助けを呼ぶことができるアプリを携帯スマホに入れたり、人の動きに反応するセンサー機器を設置したりと万が一のために備えましょう。

遺品整理・生前整理・孤独死などでお困りの際はオールサポートプロにご相談ください。

当社では皆様の生前整理・遺品整理のお手伝いをさせていただいております。
お困りの際はオールサポートプロにお任せください。

守口市 今後活躍が期待される遺品整理士とは?

遺品整理士って?守口市
みなさんこんにちは、守口市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。
大切な方が亡くなった後、行わなければならないのが遺品整理です。
故人の家に残された大量の遺品をいるもの、処分するものに分けて整理して行きます。忙しい現代人にとっては遺品整理は体力的にも精神的にも負担になります。
最近では遺品整理のプロである遺品整理士に依頼して遺品整理を行う人も増えてきているようです。
では遺品整理士とはどのような作業を行なってくれるのでしょうか。

遺品整理士とは?

遺品整理士って?守口市遺品整理

遺品整理士とは一般社団法人遺品整理士認定協会により認定された民間資格を持つ人のことです。
ご遺族と力を合わせて遺品整理を行うだけでなく、不用品のリサイクルや処分に関しての知識を取得しています。
遺品整理士の仕事は責任が高く重労働です。
遺品を整理している時には重い家財道具の運び出しなども行わなければなりませんし、重要書類などの探索など責任の重いお仕事です。

遺品整理士ってどんなところで働いているの?

遺品整理士の資格を取得すると様々な場所で働くことができます。
例えば遺品整理業者はもちろんや不用品回収業者、便利屋です。
最近では不用品回収業者や便利屋でも遺品整理のサービスを提供している所も増えています。

遺品整理士がこれからどんどん必要とされる。

日本では高齢化社会が進行しています。65歳以上の一人暮らし世帯もどんどん増えており、孤独死の数も増加しています。
身寄りがない方や遠方に遺族がお住まいの場合、遺品整理をご家族だけで行うのは困難になりつつあります。
このような状況を解決してくれるのが遺品整理士です。
正しい知識と遺族に寄り添い整理を行う遺品整理士は今後需要が見込まれます。

遺品整理士に依頼するメリット

遺品整理を業者に依頼するメリット 守口市遺品整理

遺品整理士に遺品整理を依頼するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

遺品整理の負担を軽減できる。

遺品整理は遺族にとって負担になります。
遺品の中には大型の家電や家具、大量の本や衣服、生活用品が含まれています。重い荷物の運び出しや大量の不用品の処分などはとても大変な作業でご遺族の負担になります。
遺品整理業者に依頼することで、これらのことを全て任せることができます。

なかなか進まない遺品整理を代行してくれる。

故人との思い出が詰まった遺品をご自身で片付けていくと、当時の思い出が蘇り心が疲れてしまいます。
時間に余裕がある場合は良いですが、早く遺品を整理しなければならない場合はプロである遺品整理業者に依頼する方法がオススメです。
寂しさが紛れることはもちろん、大変な大量の荷物の整理・運び出しの心配をしなくて済みます。

遺品の供養もしてもらえる。

遺品をゴミとして処分するのは忍びないという場合は、遺品整理業者が行う供養サービスを利用しましょう。

遺品の買取をしてもらえる。

遺品の中に買い取り価値のある骨董品や貴金属、その他生活用品があれば買い取りをしてもらえる可能性があります。
買い取ってもらうことにより売ったお金を遺品整理にかかるお金にかけることができます。

遺品整理でお困りの際はオールサポートプロにおまかせください。

当社オールサポートプロでは経験豊富な遺品整理士が在住しております。
故人の家が遠方で遺品整理ができなくて困っている、早急に遺品整理を行わなければならないという方は当社にご相談ください。

東大阪市 遺されるご家族のためにも生前整理を行おう

みなさんこんにちは、東大阪市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです!

自分の死について考えることって辛いですよね。
「私が死んだら残された子供達はどうなるんだろう。」
「まだやり残したことがあるときに死にたくない。」
「病気になって家族や他人に迷惑をかけてしまったら辛いな。」

など自分が死んでしまった後のことや病気になってしまった時のことに不安になってしまうことでしょう。
しかし、どうしようもない不安や心配をいつまでも抱えながら生きるより、しっかり死に対して向き合い準備することでこれからの人生をより楽しむ方が良いと思いませんか?

人生を楽しむために準備しよう

生きる目的は幸せに生きていくこと

生きる目的は幸せに生きていくことです。
「どうしたら自分は幸せになれるの?」
「いつまでも家族と笑顔で過ごすにはどうしたらいいの?」
と自分に問いかけてみましょう。

今までマラソンのように駆け抜けていった人生だったと思いますが少し立ち止まり、ゆっくり今後のことについて考えてみましょう。

ご自身もご家族も安心できる生前整理とは?

みなさんは生前整理という言葉を知っていますか?
最近では終活ブームが到来し、様々な団体で終活セミナーやツアーが実施されています。生前整理とは、ご自身がなくなった後にご家族が相続問題や遺品整理、お葬式やお墓などの問題の対応に困らないように、ご自身が生前中に整理しておくことです。

ご自身が亡くなるということを考えながら部屋の中を見渡してみてください。
ご家族に引き続き使って欲しいもの、処分して欲しいもの、それぞれあるかと思います。
しかし生前整理を行なっていないと、その思いを残されたご家族は知ることができません。
生前中にしっかり生前整理を行い、部屋に残されたものの行き先を記しておくことで遺族の負担を軽くしましょう。

生前整理を行うことで得ることができるメリット

ご遺族に対して価値のある遺産を残すことができます。

趣味で集めていたり先祖代々受け継がれているような骨董品や貴金属、食器、腕時計、着物、切手、古銭などを所有している場合、保管している本人が亡くなってしまうと、残された遺族にとっては価値がわからず誤って捨ててしまう可能性があります。
これらを生前整理をしてものの価値を伝えておくことで、後々買取専門店等に売却する際の適正価格の目安になるためご遺族により多くのお金を残すことができます。

税金の負担を軽減することができる。

相続などで遺産を受け継ぐ際に、遺産の総額の金額が多い場合、相続税がかかります。
生前整理を行わないと、築き上げた財産を一度に贈与することになるため相続税がかかってしまう可能性があります。
生前のうちに数年に分けて分割して財産を譲ることで相続税が減額できる場合もありますし、うまく調整することができれば非課税にすることもできます。

今後の人生についてゆっくり考えることができる。

これからの人生を見直すためにも生前整理は効果的です
今までものに囲まれていた暮らしから離れ、自分の好きなもの・必要なものだけに囲まれて暮らすことで心にも余裕が生まれます。
残された時間を豊かに有意義に過ごすためにも、できるだけ早めに生前整理に取り掛かりましょう。

生前整理を始めたいなと思ったらオールサポートプロにお問い合わせください。

生前整理は本人にとってもご家族にとっても有意義な活動です。
生前から身の回りの整理をしてご家族の負担を減らして行きましょう。
生前整理を始めたいなと思ったら当社オールサポートプロにご相談ください。

夏休みだからこそ話し合いたい親の財産について〜大阪市版〜

2ae4ec48eb55ae189560e8bb40caa89f_m

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

みなさんは親の死についてご家族と話し合ったことがありますか?

「両親が生きているうちにそんな話をするのは失礼。」
「そんな生々しい話なんてしたくない。」
「縁起がない話だからしたくない。」
このような理由で話し合ったことがないという方がたくさんいらっしゃいます。

親にどれだけ財産があるかを知っている人は2割程度。
知らない人はほとんど財産がないと思っていたり、財産目当てだと思われるかと思ってなかなか聞けないという理由が多いようです。
しかし、生前から財産がどれだけあるかを親に聞いたり、対策をしてもらわないと亡くなってしまった時、困ってしまうのはあなた自身です。

人が亡くなるとやらなくてはならない手続きがたくさんあります。
臨終すると7日以内に死亡届を出す必要があり
そのあと通夜告別式を行い、14日以内には世帯主の変更、遺言書があるかの確認相続財産の洗い出しを行い、相続人の調査・確定、納骨、遺産分割協議、公共料金・クレジットカードの解約、相続税の申告・納付などを行わなければなりません。

もし遠方にある信用金庫に故人がお金を預けていた時、その銀行とのやりとりは口座がある支店に出向く必要があります。そのため余計な移動費用・宿泊費用がかかったりと負担が多いです。
また海外で口座を持っていた場合も、亡くなった時に口座が凍結してしまうため生前中にお金を日本の銀行に移動しておく必要があります。

銀行口座の解約に必要なものは
死亡届、口座の名義を証明する通帳、戸籍謄本、相続人全員の実印と印鑑証明です。
相続人全員の実印・印鑑証明を集めるのはとても大変で、協力が必要になります。

また銀行通帳以外にも財産には以下のようなものがあります。
株式、有価証券、生命保険、電子マネー、仮想通貨、ローン・借金などです。

注意しなければならないのが借金が財産よりも多い時です。
少しでも財産を使ってしまったら財産を放棄することができなくなるということです。
そのため相続人全員で借金を抱えてしまう恐れもあるため注意しましょう。

何も話し合いをせず準備をせずにその日を迎えるのはオススメしません。
みなさんが集まりやすい夏休みの時期に話し合いを行い、対策を行なっていきましょう。

1234
pagetop