大阪市城東区 遺品整理/オールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

遺品整理の業者を選ぶ時のポイント【大阪市城東区】

遺品整理の業者を選ぶ時のポイント【大阪市城東区】

みなさんこんにちは。
大阪市城東区で遺品整理を行っているオールサポートPROです。

今日は遺品整理の業者を選ぶ時のポイントをお伝えいたします。

 

 

遺品整理業者とは

 

遺品整理業者とは遺族の代わりに遺品整理を行う業者のことです。
・突然のことで、どうしたらいいか分からない。
・精神的につらいので、業者の方にお願いしたい。
・遺品をどうすればいいのかわからない

こういったお客様からの声もあり、年々依頼は増えております。

 

 

遺品整理と不用品回収の違い

 

遺品整理は遺族の方でもできますし、不用品回収専門の業者に
依頼することも出来ます。
しかし専門性やサービス性を比較すると専門業者である
遺品整理を専門でやっている業者に頼むのが良いでしょう。

 

 

遺品整理の業者に頼んで良かった例

 

・遺品整理での対応件数が多く、専門的な相談にのってくれる。
・遺族の気持ちを配慮したサービスをしてくれる。
・遺品を処分品・不用品とせず丁寧に扱ってくれる。

など様々な理由がありますが、これまで経験がない方や業者に依頼するのが初めての方は、経験と知識の豊富な遺品整理業者の方に依頼することをおすすめします。

 

 

悪質な遺品整理の業者にご注意ください

 

遺品整理の業者といっても、調べればたくさんの業者があり
中には悪質な業者が存在しているのも真実です。

<例>
・遺品を盗難する。
・遺品を乱暴に扱う。
・高額な請求をしてくる。
・突然追加の費用をせまってくる。
・回収した遺品を不法放棄する。

と、様々なケースがあります。
価格だけで決めてしまうと、もしかしたらこのような業者を選んでしまい、
後で後悔することもあるので、慎重に選びましょう。

 

 

業者選びのポイント①

 

◆遺品整理士が在籍している。
遺品整理士とは一般社団法人遺品整理士認定協会が発行している資格です。
遺品整理の作業や心得に関する講座を2ヶ月ほど受講したのち、
遺品整理士にふさわしいと判断された者のみが手にすることのできる資格です。

遺品整理業者にはこういった資格を持たずに営業しているところも
少なくありません。そのような中で資格を持っている業者は
信頼できる業社であることを示す基準になります。

 

 

業者選びのポイント②

 

◆訪問での見積もりに対応してくれる。
見積もりのお願いをした時に、実際に家の状況を見て見積もりを
してくれる業社か確認しましょう。
事前に実際の状況を確認しての見積もりをしたがらない業社は
当日になって追加で請求してくる悪徳業社の可能性があります。

電話やメールだけでは詳細を伝えることは難しいですし、
買い取ってもらえる可能性のある家具や家電を事前に確認してもらえるため
訪問して見積もりをしてもらえる業者を選びましょう。

 

 

業者選びのポイント③

 

◆丁寧な対応
大切な人の遺品を扱う相手が丁寧に対応してくれるかどうかも、
業社選びの大切なポイントです。
はじめに相談をしてみて、きちんと対応してくれるか
こちらの質問に納得が出来るように答えてくれるかどうかは
業社選びの大切なポイントですね。

またお客さんからの口コミがある場合、そちらも参考にしてみてください。

 

 

遺品整理はオールサポートPROにお任せださい

 

オールサポートは遺品整理も専門に対応しております。
これまでの多数のご依頼実績もあるので、お気軽にご相談くさい。

 

 

オールサポートPROが選ばれる理由①

 

オールサポートでは、遺品整理士認定協会から
【遺品整理優良認定業者】の授与をして頂いております。
マナー研修・作業研修を修了した遺品整理士のスタッフがお客様の元へお伺いします。
安心してご依頼ください。

 

 

オールサポートPROが選ばれる理由②

 

遺品の買取もお任せください。
絵画や美術品など実績のある専任スタッフが査定を行います。
買取りのみのご依頼も対応しておりますので、ご相談ください。

 

 

オールサポートPROが選ばれる理由③

 

成約率90%!お客様からの高い評価
業界最安値NO.1で、お客様からも満足していただいております。
お問い合わせをしていただき、無料で現場を確認、お見積もりさせていただきます。
ご相談からでもお気軽にご連絡ください。

 

 


 

大切なかたの遺品整理。
なかなか分からないことが多く、精神的な負担も大きいと思います。
そんな時は安心・信頼できる業者に頼ってみてはいかがでしょうか。

遺品整理はオールサポートPROにおまかせください。

残されて困る遺品とは

残されて困る遺品とは

 

こんにちわ、
大阪市城東区で遺品整理を行っている
オールサポートPROのコラム担当Hです。

 

もしあなたが亡くなった時に、家の中に大量の荷物が残っていた場合、ご家族はどう思われるでしょうか?
まずは法要が行われ、その後に部屋を綺麗にしなければなりません。
この時に思うことは、
「なんでこんなに物を溜めてるの」
「全部ゴミなのじゃないの」
「どうやって処分していいかわからない」
などネガティブなことを思う人が多いと思います。ですが、故人の思い出の品、貴重品などもその中にはあるわけで、すべてが不用品として扱われるわけではありません。
そこで残されて困る遺品が何かという部分を記事にまとめてみましたので、ご参考にしてみてくださいね。

 

 

遺族が扱いにこまってしまう遺品

 

1.写真やアルバム、手紙など

遺品整理時に扱いに困るものの一つ「写真・手紙」
故人の記録が残され、生きていた証である写真と手紙は遺族にとっても思い出がたくさん詰まっています。
ただでさえ自分の写真を捨てるのもためらってしまうのに、故人の写真を捨てるとなるととても気が引けます。生前から大量の写真や手紙はある程度整理しておくことが大切です。
現在では写真をデータに直して保管することもできます。

 

 

2.趣味で集めた道具

故人が生前、趣味にしていた道具やコレクションも遺族にとっては扱いに困る品物です。
故人がどんなに大切にしていたとしても、価値がわからなかったり、興味がな場合、遺族にとっては不用品でしかありません。手放すのは惜しいかもしれませんが、遺族に負担をかけないためにも整理を行なっていきましょう。同じ趣味の仲間に譲ったり、リサイクルショップで買い取ってもらったりとできることから初めて見ましょう。

 

 

3.洋服・着物

洋服や着物などは「この服、良く着てたな。」「この服、私がプレゼントしたやつだな。」など故人が生前に着用していたことを思い出し、なかなか捨てられないものです。
しかし、すべての衣類を残しておくわけにはいきません。遺族に負担をかけないためにも、着ることがなくなった洋服や着物は処分しておきましょう。

 


 

いかがでしたでしょうか?
故人にはとても大切なものでも、残されたご家族はその思いに気づかずに捨ててしまうなんてことだけは避けたいところです。遺品整理を行うと、懐かしい思い出を家族で共有することができます。
ついこの間まで住んでいた部屋から遺品が運び出された後は涙がこぼれそうになりますが、しっかりと思い出の遺品を整理することで故人、家族全員が次のステップに進めるのです。
このようなことは誰にでも訪れることなので、他人事と思わずに事前知識を持っておくと良いでしょう。
どうしても自分では処分できない場合は遺品整理業者に依頼する手段もあります。多数の遺品整理を行ってきたオールサポートPROだからこそできる気配りとご家族の立場に立って遺品整理を行う親身さは他の業者には負けません。万が一の際はいつでもお電話ください。
あなたの不安をまるごと消し去るご提案を行います。

 

大阪市 生前整理をするかしないかで老後の生活が違う

生前整理をするかしないかで老後の生活が豊かになります。
皆さんこんにちは。

大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

皆さんは生前整理をしたことがありますか?

皆さんは生前整理をしたことがありますか?オールサポートプロ

「まだまだ若いから生前整理は必要ない。」
「元々物も少ないし必要ないのでは?」

と思われる方も多いと思いますが
生前整理を行うことで老後の生活が豊かになります。

自分に必要ではないものに囲まれて生活するより、
すっきりと整理されている場所で生活しする方が良いですよね。

また、ご自身が亡くなった後、残されたご家族に迷惑にならないと考えれば生前整理はやっておいた方が良いでしょう。

生活でいるものといらないものを仕分けしよう。

生活でいるものといらないものを仕分けしよう。

お家の全体を見渡してみてください。
その中で

「あれ?これ最近使っていないな。」
「こんなものあったなぁ。」

といったものはありませんか?

考えてみていただきたいのですが
これらのものは今後の生活に必要なものでしょうか。

今まで使っていなくても生活できたのであれば、
捨てても問題はないと思いますし、
処分を検討してみることをお勧めします。

ではどのようなものを処分したら良いのでしょうか。

家電、家具

壊れてしまったり使っていない家電や家具は処分しましょう。
今は一緒に住んでいない子供の机やベッド、タンスは生前整理を機に処分してしまいましょう。
家族との思い出の品かもしれませんが、生前中に処分しなければ残されたご家族が代わりに処分をしなければなりません。
迷惑をかけないために、生前のうちから処分していきましょう。

衣服やカバン、靴

1年間のうちに使わなかった衣服やカバン、靴は処分を検討しましょう。
毎年服や靴の流行は変化します。
流行に合わせて毎年服を買っていると、物が増えてしまいます。
それが何年も続いてしまうとクローゼットはパンパンになってしまいます。
今一度ご自身に必要なもの以外のものは処分をしましょう。

本、雑誌

長い間生きていると本や雑誌はたまりがちです。
現在ではスマートフォンなどで電子版の小説を見ることができます。
新たに本を購入する際は電子書籍を購入すれば、本が増えることを防ぐことができます。

生前整理を始めるならオールサポートプロにご相談ください。

生前整理を始めたいけど何から始めて良いかわからない、不用品を処分したいけどどうやって捨てたら良いかわからないなど不安なことや不明点があれば当社オールサポートプロにご相談ください。
お困りの際はオールサポートプロへ!

夏休みだからこそ話し合いたい親の財産について〜大阪市版〜

2ae4ec48eb55ae189560e8bb40caa89f_m

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

みなさんは親の死についてご家族と話し合ったことがありますか?

「両親が生きているうちにそんな話をするのは失礼。」
「そんな生々しい話なんてしたくない。」
「縁起がない話だからしたくない。」
このような理由で話し合ったことがないという方がたくさんいらっしゃいます。

親にどれだけ財産があるかを知っている人は2割程度。
知らない人はほとんど財産がないと思っていたり、財産目当てだと思われるかと思ってなかなか聞けないという理由が多いようです。
しかし、生前から財産がどれだけあるかを親に聞いたり、対策をしてもらわないと亡くなってしまった時、困ってしまうのはあなた自身です。

人が亡くなるとやらなくてはならない手続きがたくさんあります。
臨終すると7日以内に死亡届を出す必要があり
そのあと通夜告別式を行い、14日以内には世帯主の変更、遺言書があるかの確認相続財産の洗い出しを行い、相続人の調査・確定、納骨、遺産分割協議、公共料金・クレジットカードの解約、相続税の申告・納付などを行わなければなりません。

もし遠方にある信用金庫に故人がお金を預けていた時、その銀行とのやりとりは口座がある支店に出向く必要があります。そのため余計な移動費用・宿泊費用がかかったりと負担が多いです。
また海外で口座を持っていた場合も、亡くなった時に口座が凍結してしまうため生前中にお金を日本の銀行に移動しておく必要があります。

銀行口座の解約に必要なものは
死亡届、口座の名義を証明する通帳、戸籍謄本、相続人全員の実印と印鑑証明です。
相続人全員の実印・印鑑証明を集めるのはとても大変で、協力が必要になります。

また銀行通帳以外にも財産には以下のようなものがあります。
株式、有価証券、生命保険、電子マネー、仮想通貨、ローン・借金などです。

注意しなければならないのが借金が財産よりも多い時です。
少しでも財産を使ってしまったら財産を放棄することができなくなるということです。
そのため相続人全員で借金を抱えてしまう恐れもあるため注意しましょう。

何も話し合いをせず準備をせずにその日を迎えるのはオススメしません。
みなさんが集まりやすい夏休みの時期に話し合いを行い、対策を行なっていきましょう。

個人のお家が遠方で遺品整理ができないという時に利用したい遺品整理業者

f3acf0bbb6589cf6ac67df2e4a90f335_m

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

大切なご家族が亡くなってしまった後、ご遺族たちがやらなければならないのが遺品整理です。
故人との思い出が詰まった遺品はご遺族だけで片付けたいという方は多いかと思います。
しかし、少子高齢化社会が進んだ現代では、遠方に住んでいてスムーズに遺品整理ができないという方もいらっしゃいます。
また、お家が近くてもお仕事が忙しくなかなか遺品整理に時間をとることができないという方もいらっしゃるでしょう。
このような場合は、ご自身で遺品整理を行うことを早々に諦め、専門の業者に依頼したほうが何かと便利です。

■遺品整理業者とは
遺品整理業者とは、文字どおり遺品を整理することに長けたプロのことです。
お客様の考えを尊重しながら一つ一つの遺品を丁寧に扱い仕分けていきます。
相続に関わる遺品などがどのようなものかなども熟知しており、ご遺族が遺品を残すか処分するかの正しい判断を導きます。
インターネットで「お住いの地域名、遺品整理」で検索するとたくさんの遺品整理業者が出てくるかと思います。中には悪質な業者もあるため、実績があるのか口コミが存在するのかなどをチェックして、見積もり依頼を予約しましょう。

■遺品整理業者に依頼したとき立ち会いは必要?
あなたのお家が故人のお家と離れていて、立ち会う時間をとることができない時どうすれば良いのか?という疑問が湧いてきます。
基本的には見積もり時や作業当日に立会いが必要になりますが、業者によっては立会いをせずに作業を行なってくれるところもあります。
故人のお家から近いところで立会いが必要ではない業者をまず探し、見積もり依頼をお願いしましょう。

■立会い不要の業者が見つかったら
立会いが不要の業者を見つけることができたら、業者の指定する書類を郵送しましょう。
また、業者が家の中に実際に入り見積もりを行う必要があるため、鍵を郵送する必要があります。
他人に家の鍵を渡すのはためらってしまいますが、家の中には入れないと見積もりも作業もできないため必ず必要となってしまいます。

■遺品整理は私たちオールサポートプロにおまかせくださいませ。
当社ではお客様に寄り添った遺品整理作業をさせていただいております。
経験を積んだスタッフにおまかせくださいませ。

遺品整理時に気をつけたい「個人情報」の取り扱い

885222

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理をおこなっているオールサポートプロです。

遺品整理時に気をつけたいのが「個人情報」の取り扱いです。
故人の家にはたくさんのものやゴミが溢れています。
掃除や整理をしているうちに勢いでどんどん物を捨ててしまうかもしれません。
しかし、個人情報が記載されている書類などが流出してしまっては大変です。

■個人情報の処理が重要なのはなぜ?
遺品整理に時に個人情報の取り扱いが重要になる理由は、個人情報流出によるトラブルに巻き込まれないためです。
個人情報が漏れると下記のような被害に遭う可能性があります。

・名前や住所、電話番号、メールアドレスなどが流出することで知らないアドレスや電話番号から怪しい販売会社からの勧誘が行われる。
・クレジットカード等が流出することで不正に使用されて身に覚えのない請求が来る。
・SNSのなりすましや乗っ取りにあう。

このような被害に遭わないためにも個人情報が記載されているものには気を使いつつ整理する必要があります。

■個人情報が記載されているものって?
・公的書類
健康保険証や免許証、パスポートなど個人情報が記載されている公的書類は決して捨ててはいけません。遺品整理をしていることを知って誰かがゴミ袋を漁って盗まないかも限りません。

・クレジットカード
クレジットカードが盗まれ悪用されてしまうと、身に覚えのない請求が来てしまいます。
解約をして利用できないようにする必要があります。

・パソコン・スマホ
パソコンやスマホの中にはたくさんの個人情報が詰まっています。
何も処理しないまま放置しておくと危険でいっぱいです。
必ずハードディスクに残された記録を消去してから処分する必要があります。

遺品整理時は闇雲にものを捨てるのではなく、慎重に行いましょう。
お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

家族葬って何?生前にご家族と話し合いましょう。

df5f1bb11743a766d20da55a10d951f9_m

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

みなさんは、葬儀の平均費用がいくらかご存知でしょうか?
平均200万円と言われており、とても高く感じますね。

最近では親族だけで葬式を行う「家族葬」を選択する方が増えてきています。
近年は高齢で付き合いのある友人が少ない方が多く、葬儀に参列する人数が減少傾向にあります。
また、昔のような派手な葬儀を好まず、簡素なお葬式、家族だけに見守られれば良いという方が増えてきているため、家族葬の需要が増えてきています。

一般的な葬儀では、多くの参列者の対応を行う必要があります。
特に喪主は葬儀の進行や挨拶など様々な対応に追われます。
しかし家族葬であれば、身近な家族だけで行われるため負担を軽減することができます。

生前のうちに葬儀についてご家族と話し合いを進めましょう。
「色々な人にお世話になったので皆さんに参列して欲しい」と伝えていれば「一般的な葬儀」
「派手なお葬式じゃなくて、簡素なお葬式で良い。」と伝えていれば「家族葬」
と葬儀プランの方向性を決める目安になり、いざとなった時に遺族が考える負担を減らすことができます。

現在では家族葬を扱う葬儀社が多数あります。
費用面やプランのアレンジなど柔軟に対応してくれる葬儀社に依頼するようにしましょう。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

ゴミ屋敷への外部の対応とは?

PAK160323490I9A4879_TP_V4

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

昨今、深刻な社会問題として多数のメディアに登場する「ゴミ屋敷問題」
見た目が不潔というだけではなく、異臭の発生や害虫の発生、放火の誘発などの危険性もあるため早めに解決する必要があります。

ゴミ屋敷への自治体の対応はどのように行われるのでしょうか。

どこの自治体でもゴミ屋敷に対する近隣住民からのクレーム対応に悩まされています。
なぜならゴミ屋敷を法的に取り締まることができないからです。
敷地外に置いてある公道にゴミがはみ出していれば道路法・廃棄j処理法によって処分ができますが敷地内に置いてあるゴミに対しては、処分することができません。

また敷地内に置いてあるものは、ゴミであってもそこに住む方の財産となります。
憲法29条にて「財産権はこれを侵してはならない。」と定められており、いくらゴミ屋敷で迷惑していても勝手に自治体でゴミを処分することはできません。
しかし2015年に条例に基づき初の行政代執行が実施されました。
行政代執行とは行政機関が国民の利益のために強制的な措置を行うことです。

ゴミ屋敷が家の近くにありお困りの際は、まず自治体に相談しましょう。
ゴミ屋敷の住民に直接クレームをつけるのは得策ではありません。
トラブルの元になりますし、勝手に家の中に入ってゴミを捨てると不法侵入で訴えられてしまう場合もあります。決して敷地内には入らず、自治体に相談をしましょう。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

将来はいるかもしれないお墓について考えてみましょう。

1

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

今回は将来みんさんが入るかもしれないお墓について考えていきたいと思います。

私たちが暮らしている日本では超高齢化社会が進んでいます。
毎日多くの人々が亡くなり、数年後にはお墓や火葬場の不足問題が現実化しています。

みなさんには入る予定のあるお墓はお持ちでしょうか?
先祖代々のお墓に入る予定という方もいらっしゃるでしょう。
しかしお墓の場所が遠かったり、先祖代々の墓に入ることを躊躇される方がいらっしゃったりと、先祖代々のお墓を継承していく難しさが問われます。

新しいお墓を建てるには、平均200万以上かかると言われています。
金銭的負担が大きいためお墓を持たないという方も増えています。

お墓以外に、永代供養墓や散骨、樹木葬、霊園合同祭など様々な納骨方法があります。
少子化の今、あなたの周りにお墓を管理できる人がお墓の近くにいない場合、お墓の手入れができず雑草が無造作に茂りみすぼらしい姿になってしまうかもしれません。お墓を購入するのではなく、お墓を持たない選択も考えてみても良いかもしれません。

ご自身が入るお墓について、生前に家族と話し合って見ましょう。
少しでも遺される遺族の負担を減らしてあげましょう。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

孤独死の際の部屋の清掃をする特殊清掃屋とは?3

1

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

今回も前回に引き続き、特殊清掃屋がどのようなサービスを提供しているか順にご紹介いたします。

2.腐敗で傷んだ床や壁の処理
ご遺体が長い間放置されていた場合、体液や血液が床に流れ、染みつきます。
まず床表面の清掃を行い、汚染箇所を汚れにあった洗剤で清掃します。
これだけできれいになれば良いのですが、床下まで体液が流れてしまっている場合は床板をはがし、その後床板の清掃を行います。
また、床だけでなく壁も壁紙に臭いがついてしまっているため、はがしていきます。
オゾン脱臭が終了後、新しいクロスとフローリングを張ります。

3.害虫の駆除
特殊清掃をする上で大切なのが害虫の駆除です。

孤独死の発見が遅れてしまうとご遺体はどんどん腐敗していき、数日後にはウジムシ・ハエが湧き始めます。
このウジムシやハエにはご遺体の中に存在している感染病の原因になる菌やウイルスを含んでおり、これらを野放しにしてしまうと、特殊清掃員、近隣住民に危険が及んでしまいます。

徹底的に害虫駆除が行われなかった場合、ハエなどの繁殖力がある害虫はしばらくすると再び大量に発生するとも言われています。このため、徹底した害虫駆除がとても大切になります。

次回に続きます。
お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

12
pagetop