コラム/大阪・兵庫の遺品整理・特殊清掃はオールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

寝屋川市 不用になったカラーボックスの処分方法

みなさんこんにちは、寝屋川市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

カラーボックスはとても安価で部屋の収納を行うのにとても便利です。
本を収納したり、生活用品をしまって置いたりと使用方法は人によって異なります。
ですが安価なためインテリアに合わなかったり、長い間使っていると汚れてきたりと不用になる時がいつかやってきます。

では不用になったカラーボックスはどのように処分すれば良いのでしょうか。
今回はカラーボックスの処分方法についてご紹介いたします。

カラーボックスの処分方法

カラーボックスは何ゴミ?

カラーボックスはそのまま捨てるとゴミ袋に入れることができないため粗大ゴミ扱いになります。
ただし解体して細かくすると燃えるゴミや燃えないごみとしても処分することができるでしょう。

ノコギリで細かく解体する。

カラーボックスの素材は木材のものがほとんどです。
自宅にノコギリを置いてあるという方は、小さく切断して家庭ごみで処分しましょう。
ネジやボルトなどの金属は取り外し、切断した木材をゴミ袋に入れてしっかりと口を閉めましょう。

ただ、地域によっては木材を燃えるゴミとして処分することができないところもあるため、事前のお住まいの地域の自治体に確認しておきましょう。

粗大ゴミとして処分する。

カラーボックスをそのまま解体せずに処分する場合は「粗大ゴミ」として処分することになります。
処分手順は以下の通りです。

1.お住まいの地域の自治体に粗大ゴミ処分の予約を(回収品目・指定日を決定)する。
2.指定された場所でリサイクル券を購入する。
3.カラーボックスにリサイクル券を貼り付け指定された回収場所に置く。

不用品回収業者に依頼して処分する。

カラーボックスを不用品回収業者に依頼して処分することができます。
解体するのが面倒だったり、粗大ゴミ回収で処分するのも面倒という方は不用品回収業者に依頼して処分すると良いでしょう。
また、引越しで処分したい不用な家電や家具があるという方はまとめて処分すると良いでしょう。

処分手順は以下の通りです。

1.不用品回収業者に見積もりの依頼をする。
2.処分内容に沿って見積もりが出され、納得できたら本契約をする。
3.自宅まで業者が引き取りに来る。

カラーボックスの処分は当社オールサポートプロにお任せくださいませ。

カラーボックスの処分は当社オールサポートプロにお任せください!
また遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷清掃、ハウスクリーニング、お部屋のお片づけなど様々なサービスを取り扱っておりますのでぜひご依頼くださいませ。

吹田市遺品整理 大切な思い出を災害から守ろう

災害に備えて思い出の品を守ろう

みなさんこんにちは、吹田市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

2018年も9ヶ月を過ぎようとしていますね。

「今年はどんな年だった?」
と聞かれたら

「災害がとっても多い年だったな〜。」
と私は答えると思います。

大阪の北部で起きたマグニチュード6.1の大阪北部地震や、

7月に起きた西日本豪雨

台風21号では日本への玄関口である関西国際空港の浸水、

つい最近では北海道胆振東部地震

など日本では多くの災害が発生しています。

特に今年は台風などによる大量の雨で、家の倒壊や床上浸水などの水害が深刻化しています。
今後も台風は上陸する恐れがあり、あなたのお家の周辺で水害が発生してもおかしくはありません。

家の中に水が侵入すると、家財道具が水浸しになったり、流されてしまう恐れがあります。
大切な思い出が詰まったものを失ってしまう悲しみは計り知れません。

そこで今回は大切な思い出=写真を守るために行いことをご紹介いたします。

写真の災害対策をしよう。

写真の災害対策をしよう。

思い出の詰まった写真を守ろう。

みなさんは写真をどのように保存していますか?
フィルム式のカメラで撮られた写真のほとんどは現像されアルバムの台紙に貼り付けているかと思います。ネガが残されていることも少なく、アルバムに貼られている写真だけが唯一の思い出です。
このアルバムが災害で水に流され、なくなってしまったらとても悲しいですよね。

これまでに起きてきた大きな災害でも、多くの方の思い出のアルバムが津波や浸水によって流されてしまいました。
ご自身の思い出を守るためにも写真の自然災害対策を行いましょう。

アルバムはデジタル化しよう。

アルバムに貼り付けられた写真はデジタル化してしまいましょう。
デジタル化すると保管次第で半永久的にデータを残しておくことができます。
またアルバムで保存すると収納場所を取られてしまいますがデジタル化すればDVD数枚で納まります。

写真や写真以外の思い出の品がどこにあるかわからないという方は…

家財が多すぎて、大切な品や思い出の品がどこにあるのかわからない場合は、当社オールサポートプロ業者にご依頼ください。
思い出の品以外にも、現金やカード、年金手帳、通帳、印鑑などの貴重品類、その他の探し物も捜索させていただきます。
お困りの際はオールサポートプロにご相談ください。

大阪市福島区生前整理 認知症の方の行動の一つ収集グセとは?

みなさんこんにちは、大阪市福島区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

人間の生活や活動をコントロールしてくれる脳ですが、うまく動かなくなると身体的にも精神的にもスムーズに動かなくなってしまいます。
「認知症」は様々なことが原因で脳の細胞が死んでしまい、脳の働きが悪くなることで起こる障害が起こり、体の動きに支障が出てくる状態です。

認知症の方の行動の一つで「収集グセ」があげられます。
今回は認知症の方の収集グセをやめさせる際の対応方法についてご紹介いたします。

認知症の方の行動の一つ収集グセとは?

認知症の方が集めてくるものは人によって異なり、集めてくる理由も異なります。
道に落ちているゴミを拾ってきたり、割り箸やビニール袋をもらってきたり、しまいには窃盗をしてまでも集めようとする方もいらっしゃいます。

ではどのような理由で収集グセがついてしまうのでしょうか。

もったいない精神が強い。

お歳暮などでもらった空箱や使い捨ての割り箸、スプーン、ストローなどを「まだ使えるから勿体無い!」という理由で手元に残しておこうとします。
また他人から見たら壊れていたりゴミと思われるものを集めたり、街中に捨てられた不用品を持ち帰ることもあります。

まだ家の中にあるのに忘れて集めてしまう。

家の中に既にあるものをないと思い込み、使われることなくどんどん家の中に溜まってしまうケースです。トイレットペーパーやティッシュ、ビニール袋などの消耗品によく当てはまります。

不安を取り除くために集める。

生活に必要な消耗品は切らすことなく常備しておきたいですよね。
常備することで不安を取り除くこともできます。
しかし行き過ぎてしまうほど常備してしまうと家の中が物で溢れかえってしまいます。

認知症の方のお家を整理・不用品処分をする際に気をつけたいこと

認知症の方のお家の整理・不用品処分は慎重に行わなければなりません。
十分な説明もせず許可を得ずに整理・処分を始めてしまうと、ものを盗られたのではないか?と不安にさせてしまう恐れがあります。
その不安によって認知症の進行を加速させてしまう恐れもあり、気をつけなければなりません。

お部屋の片付け、ゴミ屋敷清掃、ハウスクリーニング、不用品の処分はオールサポートプロにお任せくださいませ。

お家の中が不用品で溢れかえってしまっている、部屋の整理がなかなかできないという方はオールサポートプロにお任せください。
経験豊富なスタッフが駆けつけ皆様のお困りごとに対応させていただきます!

大阪市港区 大変な実家の片付けと不用品の処分

大変な実家の片付けと不用品の処分

みなさんこんにちは、大阪市港区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

ご両親が亡くなった際に行わなくてはならないのが遺品整理です。
遺品の中には相続に関わるものや大型の家電、家具、大量の衣服などの生活用品など処分に困るものが沢山あります。

また家の中にものが多いと、遺品の整理や処分が大変だったり、床に置いてあるものでつまづいて怪我をしてしまうなどさまざまなリスクがあります。

そのため、ご両親が生前のうちに実家の片付けや生前整理をしてもらうことをお勧めします。しかし生前整理を親に進めるのは気が向きませんよね。
今回はそのような悩みを含めて実家の片付けの必要性について考えていこうと思います。

実家の片付けはとても大変!

実家の掃除は大変 オールサポートプロ

両親に片付けを決意させるのが難しい。

もしあなたがご両親と同居しているという場合は、ご両親を説得して一緒に片付けを進めていけます。
しかし遠方で離れて暮らしているという場合はそうはいきません。

一緒に住んでいない=他人の家
いくら肉親だとしても一緒に住んでいない人に「片付けて!これは捨てるべきじゃない?」と口を出されると気分が良いものではありません。

実家を片付けるためには両親を説得して進めることが大切です。

ものを捨てるなんてもったいない!という気持ちが大きく、ものが溢れかえっている。

「まだ使えるものだし捨てるなんてもったい。」
「この空き箱いつか使うだろうからとっておこう。」
「頂き物だから捨てるのは申し訳ない。」
などものを大切にする考えが、家の中にものをどんどん溜めてしまう原因です。
いつか使えるもの、まだ使えるものととっておくものは残念ながら使われることはほとんどありません。
長年の習慣を急に変えることは難しく、片付けたとしても同じことの繰り返しになる恐れもあります。

片付ける為の体力がない。

高齢になると片付けや掃除をする体力が失われていきます。
片付けたいという気持ちはあっても体力・気力がついていかないためものが溜まってしまいます。

不用品の処分方法がわからない。

最近では自治体によって細かくゴミの分別のルールが設定されています。
そのためゴミの処分方法がわからず、ゴミを出すのが嫌になりしまいにはゴミ屋敷にまで発展してしまう恐れもあります。

片付け時に注意すること。

片付け時に注意すること

勝手に整理を進めない。両親の気持ちを聞く。

実家の整理をしたいと思った時にあなたは
「なんでこんなものを残しているの?」
「なんで捨てられないの?」
「どうしてそれが大事なの?」
と両親に対して思うことでしょう。
しかし、両親にとってはとても大切な思い出や大事にしたい理由があるかもしれません。
無理やり捨ててしまうとあなたと両親の関係性もギクシャクしてしまいますので、実家の片付けをする際はなぜ必要なのか?本当に必要なのかを聞いてあげましょう。

実家に置きっぱなしの自分自身の荷物を整理する。

あなた自身が以前実家に住んでいた時の荷物を置きっぱなしにしていませんか?
学校の教科書、制服、趣味のグッズなどとりあえず実家に置いていたというものがあれば整理・処分をしましょう。

生前整理・不用品処分の際はオールサポートプロにお問い合わせください。

実家を掃除した際の不用品の処分にお困りの際はオールサポートプロにお任せください!
電話1本ですぐに見積もりに駆けつけ対応させていただきます。
お困りの際はオールサポートプロへ!

守口市 将来は孤独死?高齢者の一人暮らしで気をつけるべきこと

高齢者の一人暮らしで気をつけたいこと。

みなさんこんにちは、守口市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

現在の日本は少子高齢化、核家族化による
一人暮らしの高齢者世帯が増えつつあります。

都会では地域住民との繋がりや家族との関係が希薄になっている方も多く、孤独死の数も増加傾向です。

ではこのような状況にわたしたちはどう立ち向かっていけば良いでのしょうか。

今回は高齢者の一人暮らしで気をつけたいことについて考えていこうと思います。

超高齢化社会を楽しく安全に暮らそう。

超高齢化社会を楽しく安全に暮らそう。

若い時に抱いた60代のイメージって病気になったり記憶力が悪くなってしまったりとても大変なものだと思っていませんでしたか?
現実の60代はまだまだ活力に溢れており、現役で働いている人もいます。

現在は人生100年時代とも言われ、60代はまだまだ若い世代です。

その先の70代・80代を有意義に楽しむためには、安全に暮らしていくことがとても大切です。
もしあなたが一人暮らしの場合、自分自身で管理していく必要があるため特に意識したいところです。

安全に暮らすために大切なのは家の中から

ご自分の安全は家の中から

日々の生活の大半は家の中で過ごすことになります。
安全に暮らしていくために大切なのは家の中での事故を防ぐことです。
家の中で起こる事故は交通事故の数よりも多く、家の中にはたくさんの危険が潜んでいます。
高齢者の場合、一度事故にあってしまうと治りにくく回復に時間がかかってしまいます。
事故の原因を取り除き、安心して暮らせれるように対策をしていく必要があります。

家の中を改善しよう!できる工夫とは?

家の中を改善しよう、今すぐできる工夫とは?

家の中での事故を防ぐためにできることをまとめました!

転倒や転落、ものの落下を予防する。

家の中での転倒や転落を防止するために、段差をなくす工夫をしましょう。
階段や廊下、浴室などに手すりをつけたり、足元の照明を増やしたり、床にはつまずきそうなものを置かないようにしましょう。
また滑りやすい履物(スリッパ・靴下)を履かないようにしましょう。

タンスや冷蔵庫の上など高い場所にものを置いている場合は、ものを低い位置に移動させましょう。
地震の揺れなどで物が落ちてきて頭や足などを怪我してしまう可能性があります。

浴室内の事故を予防する。

浴室内の事故はとても危険です。

意識を失い溺れてしまったら最悪の場合、亡くなってしまう可能性があります。
冬になるとヒートショックの事故も増加するため、念入りに気をつける必要があります。脱衣所と浴室内の気温差をなるべく小さくするために暖房を設置したり、熱いシャワーを浴室内にかけ浴室内の温度を高くしましょう。

さらに、溺水を避けるためにも長湯や飲酒後の入浴は避けましょう。

また浴室内で転倒しないために手すりを設置したり、床には滑り止めのマットを敷きましょう。

熱中症対策をする。

熱い夏は熱中症に気をつけたいものです。
家の中で熱中症にかからないように、エアコンや扇風機を使って部屋内の温度を28度以下に調整しましょう。

孤独死を避けるためにも安否確認や見守りサービスを利用しましょう。

見守りサービスを利用しよう オールサポートプロ

上記のような対策を行なっていたとしても、事故を必ず防げるわけではありません。
万が一の事故や急な体調不良の際に助けを求めること存在を一つでも作っておくことが大切です。
例えば、緊急時に助けを呼ぶことができるアプリを携帯スマホに入れたり、人の動きに反応するセンサー機器を設置したりと万が一のために備えましょう。

遺品整理・生前整理・孤独死などでお困りの際はオールサポートプロにご相談ください。

当社では皆様の生前整理・遺品整理のお手伝いをさせていただいております。
お困りの際はオールサポートプロにお任せください。

守口市 今後活躍が期待される遺品整理士とは?

遺品整理士って?守口市
みなさんこんにちは、守口市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。
大切な方が亡くなった後、行わなければならないのが遺品整理です。
故人の家に残された大量の遺品をいるもの、処分するものに分けて整理して行きます。忙しい現代人にとっては遺品整理は体力的にも精神的にも負担になります。
最近では遺品整理のプロである遺品整理士に依頼して遺品整理を行う人も増えてきているようです。
では遺品整理士とはどのような作業を行なってくれるのでしょうか。

遺品整理士とは?

遺品整理士って?守口市遺品整理

遺品整理士とは一般社団法人遺品整理士認定協会により認定された民間資格を持つ人のことです。
ご遺族と力を合わせて遺品整理を行うだけでなく、不用品のリサイクルや処分に関しての知識を取得しています。
遺品整理士の仕事は責任が高く重労働です。
遺品を整理している時には重い家財道具の運び出しなども行わなければなりませんし、重要書類などの探索など責任の重いお仕事です。

遺品整理士ってどんなところで働いているの?

遺品整理士の資格を取得すると様々な場所で働くことができます。
例えば遺品整理業者はもちろんや不用品回収業者、便利屋です。
最近では不用品回収業者や便利屋でも遺品整理のサービスを提供している所も増えています。

遺品整理士がこれからどんどん必要とされる。

日本では高齢化社会が進行しています。65歳以上の一人暮らし世帯もどんどん増えており、孤独死の数も増加しています。
身寄りがない方や遠方に遺族がお住まいの場合、遺品整理をご家族だけで行うのは困難になりつつあります。
このような状況を解決してくれるのが遺品整理士です。
正しい知識と遺族に寄り添い整理を行う遺品整理士は今後需要が見込まれます。

遺品整理士に依頼するメリット

遺品整理を業者に依頼するメリット 守口市遺品整理

遺品整理士に遺品整理を依頼するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

遺品整理の負担を軽減できる。

遺品整理は遺族にとって負担になります。
遺品の中には大型の家電や家具、大量の本や衣服、生活用品が含まれています。重い荷物の運び出しや大量の不用品の処分などはとても大変な作業でご遺族の負担になります。
遺品整理業者に依頼することで、これらのことを全て任せることができます。

なかなか進まない遺品整理を代行してくれる。

故人との思い出が詰まった遺品をご自身で片付けていくと、当時の思い出が蘇り心が疲れてしまいます。
時間に余裕がある場合は良いですが、早く遺品を整理しなければならない場合はプロである遺品整理業者に依頼する方法がオススメです。
寂しさが紛れることはもちろん、大変な大量の荷物の整理・運び出しの心配をしなくて済みます。

遺品の供養もしてもらえる。

遺品をゴミとして処分するのは忍びないという場合は、遺品整理業者が行う供養サービスを利用しましょう。

遺品の買取をしてもらえる。

遺品の中に買い取り価値のある骨董品や貴金属、その他生活用品があれば買い取りをしてもらえる可能性があります。
買い取ってもらうことにより売ったお金を遺品整理にかかるお金にかけることができます。

遺品整理でお困りの際はオールサポートプロにおまかせください。

当社オールサポートプロでは経験豊富な遺品整理士が在住しております。
故人の家が遠方で遺品整理ができなくて困っている、早急に遺品整理を行わなければならないという方は当社にご相談ください。

東大阪市 遺されるご家族のためにも生前整理を行おう

みなさんこんにちは、東大阪市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです!

自分の死について考えることって辛いですよね。
「私が死んだら残された子供達はどうなるんだろう。」
「まだやり残したことがあるときに死にたくない。」
「病気になって家族や他人に迷惑をかけてしまったら辛いな。」

など自分が死んでしまった後のことや病気になってしまった時のことに不安になってしまうことでしょう。
しかし、どうしようもない不安や心配をいつまでも抱えながら生きるより、しっかり死に対して向き合い準備することでこれからの人生をより楽しむ方が良いと思いませんか?

人生を楽しむために準備しよう

生きる目的は幸せに生きていくこと

生きる目的は幸せに生きていくことです。
「どうしたら自分は幸せになれるの?」
「いつまでも家族と笑顔で過ごすにはどうしたらいいの?」
と自分に問いかけてみましょう。

今までマラソンのように駆け抜けていった人生だったと思いますが少し立ち止まり、ゆっくり今後のことについて考えてみましょう。

ご自身もご家族も安心できる生前整理とは?

みなさんは生前整理という言葉を知っていますか?
最近では終活ブームが到来し、様々な団体で終活セミナーやツアーが実施されています。生前整理とは、ご自身がなくなった後にご家族が相続問題や遺品整理、お葬式やお墓などの問題の対応に困らないように、ご自身が生前中に整理しておくことです。

ご自身が亡くなるということを考えながら部屋の中を見渡してみてください。
ご家族に引き続き使って欲しいもの、処分して欲しいもの、それぞれあるかと思います。
しかし生前整理を行なっていないと、その思いを残されたご家族は知ることができません。
生前中にしっかり生前整理を行い、部屋に残されたものの行き先を記しておくことで遺族の負担を軽くしましょう。

生前整理を行うことで得ることができるメリット

ご遺族に対して価値のある遺産を残すことができます。

趣味で集めていたり先祖代々受け継がれているような骨董品や貴金属、食器、腕時計、着物、切手、古銭などを所有している場合、保管している本人が亡くなってしまうと、残された遺族にとっては価値がわからず誤って捨ててしまう可能性があります。
これらを生前整理をしてものの価値を伝えておくことで、後々買取専門店等に売却する際の適正価格の目安になるためご遺族により多くのお金を残すことができます。

税金の負担を軽減することができる。

相続などで遺産を受け継ぐ際に、遺産の総額の金額が多い場合、相続税がかかります。
生前整理を行わないと、築き上げた財産を一度に贈与することになるため相続税がかかってしまう可能性があります。
生前のうちに数年に分けて分割して財産を譲ることで相続税が減額できる場合もありますし、うまく調整することができれば非課税にすることもできます。

今後の人生についてゆっくり考えることができる。

これからの人生を見直すためにも生前整理は効果的です
今までものに囲まれていた暮らしから離れ、自分の好きなもの・必要なものだけに囲まれて暮らすことで心にも余裕が生まれます。
残された時間を豊かに有意義に過ごすためにも、できるだけ早めに生前整理に取り掛かりましょう。

生前整理を始めたいなと思ったらオールサポートプロにお問い合わせください。

生前整理は本人にとってもご家族にとっても有意義な活動です。
生前から身の回りの整理をしてご家族の負担を減らして行きましょう。
生前整理を始めたいなと思ったら当社オールサポートプロにご相談ください。

大阪市で遺品整理 故人の衣服の処分方法とは?

遺品整理 故人の衣服の処分方法

みなさんこんにちは、大阪市中央区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

遺品整理を行う際に困るのが大量にある衣服の扱いです。
普段から衣服の整理、処分をしていないとクローゼットや押入れの中は衣服であふれていることでしょう。
今回は大切な方の衣服を処分する際の処分方法についてご紹介いたします。

故人の衣服の処分方法

遺品整理 衣服の処分方法

衣服といっても故人のものとなるとなかなか処分しづらいものです。
ご家族の誰かが使用できるものは別として、大量の衣服の整理・処分の方法をご紹介いたします。

形見分けをしよう。

親族が集まれる機会を設けて遺品の形見分けを行いましょう。
四十九日など親族が集まれる機会はいくつかあるため、タイミングを見計らって行うと良いでしょう。
親族で集まり故人との思い出に花を咲かせながら、形見として欲しいものを分け合いましょう。

リサイクルショップで売却する。

お家の近くにリサイクルショップがあるのであれば、持ち込んで売却してみましょう。
着物や毛皮、皮などは買取の可能性が高いため、捨てずに売却をしましょう。
リサイクルショップにはご自身で持ち込む必要があるため、大量の場合は車を利用して運び出しましょう。

遺品整理業者を利用して処分する。

形見分けを行なったとしても衣服は大量に残ってしまいます。
その場合は遺品整理業者に依頼して衣服全てを回収してもらいましょう。
遺品整理業者は衣類以外にもその他の遺品整理に関するアドバイスをしてくれます。
もしお家の中に衣類以外にも整理に困っている品物がある場合は、遺品整理業者に相談してみましょう。

衣服の遺品整理はオールサポートプロにおまかせください。

遺品整理 衣服の処分方法

大量の衣服の遺品整理にお困りの際はオールサポートプロにおまかせください。
また衣服以外にも整理したい品物がございましたらまとめてご相談くださいませ。
また買取できるものがあれば買取もさせていただいております。
遺品整理、不用品回収、ゴミ屋敷清掃、ハウスクリーニングなど様々なサービスをご提供しておりますのでお困りの際はご相談ください。

ご遺族に負担をかけないためにも終活でやっておきたい・確認しておきたいこと【大阪市版】

終活を行う際に確認しておきたいこと

みなさんこんにちは、大阪市東淀川区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

今では誰もが聞いたことのある「終活」
終活とはご自身の人生の終焉に向けて、前向きに考え行動することです。
ただ終活を実際に行なっている方は10%も満たず、あまり浸透していません。

あなたの死後、ご遺族に負担をかけないためにも就活でやっておきたい・確認しておきたいことをご紹介いたします。

終活の際にやっておきたい、確認しておきたいこと

・財産の有無、借金の有無

財産の有無、借金の有無

あなたの死後、あなたが残した財産をご遺族が財産分与します。
その際にどのくらい財産があるのかをご遺族は調査する必要があります。
調査には時間がかかり、ご遺族に負担をかけてしまいます。
生前に財産の整理を行い、ご自身にどのくらい財産があるかを把握することは大切です。
また借金などのマイナスの財産の有無も確認しておきましょう。

・預金通帳・印鑑の在り処

終活 銀行通帳・印鑑の場所を伝える

亡くなった方がどこの銀行に興亜を持っているかは家族でも知らない場合が多いでしょう。エンディングノートなどに銀行の口座の銀行名や口座番号、支店名を記入することで調査が簡単になります。

・相続に関わる親族が誰か。

相続 親族は誰かを確認する

ご家族が亡くなられ、遺産分割を行う際に遺産の分け方を記載した遺産分割協議書を作成します。その際に相続人全員の署名捺印を取得する必要があります。必ず相続人全員で行う必要があるため、相続人を特定する必要があります。

・希望する葬儀内容

終活 葬儀について考える

故人がどのような葬儀を希望していたかを知っているか知らないかとでは、遺族の負担が変わってきます。生前に葬儀についての意思を伝えておくことでご家族が「お母さんはこのような葬儀を望んでいたのかな?」と悩むことは少なからずありません。

生前整理・終活を検討中の方は当社オールサポートプロにご相談ください。

生前整理や終活を初めてみたいけどどうしたらいいかわからない、家の中が不用品でいっぱいで困っているという方は当社に一度ご相談くださいませ。

遺品整理業者が増えた背景 大阪でも業者は増加中

遺品整理業者が増えた背景

みなさんこんにちは、四條畷市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

遺品整理は、不用品の処分やお片づけ、ハウスクリーニング、消臭・消毒、解体、不動産の売却など多岐に至る対応をしなければなりません。

しかし大切な方を亡くされた悲しみを抱えるご遺族にとって遺品整理は身体・精神的にも辛いものがあります。
そのため遺品整理業者を頼る方が増えてきています。
2015年時点で遺品整理業者は全国に8000社から9000社あると言われており、現在も増加しています。

遺品整理業者が注目される背景

遺品整理業社が注目されるようになった背景

以前であれば遺族の方だけで遺品整理を行うことが多かったのですが、高齢化社会や核家族化が進行していったため、身体的にも精神的、時間的にも片付けられないケースが増加しています。
また、実家が遠方にあり帰省して遺品整理をすることが負担になることもあり遺品整理業者に依頼する方が増えています。

遺品整理業界のイマ

遺族の心に寄り添い、丁寧に遺品を整理する遺品整理士。
法令を遵守した作業を行う上で大切なのは正しい知識とノウハウが必要とされています。
しかし国民生活センターへの苦情はなくなりません。
不当な高額請求、遺品の盗難、不要な買取金額、遺品の粗末な扱い、不法投棄など、消費者に対して危害を与える業者が存在します。

遺品整理を依頼するなら遺品整理士がいる業者へ依頼しよう

遺品整理業者には遺品整理士という資格を持つスタッフが在籍する業者が存在します。遺品整理士とは一般社団法人遺品整理士認定協会の民間資格のことで、正しい知識・手順で遺品整理を行うことができる方が取得することができる資格です。
遺品整理士は信頼できる資格の1つです。
遺品整理士育成のため社内研修やセミナーを行いサービスを向上する企業努力があるからです。

遺品整理は当社におまかせください。

遺品整理はオールサポートプロまでご相談ください

当社は遺品整理士育成に力を入れており、お客様に安心していただける遺品整理サービスを提供しております。
遺品整理以外にも生前整理、不用品回収、ゴミ屋敷清掃、特殊清掃など様々なサービスを取り扱っております。
お困りの際はオールサポートプロまでご相談くださいませ。

pagetop