コラム/大阪・兵庫の遺品整理・特殊清掃はオールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

認知症は家族の理解が必要です。

6182bb0fb23840f83a133ca2a30ecd19_m

みなさんこんにちは、四條畷市で不用品回収を行なっているオールサポートプロです。

今回は認知症の症状について考えていきたいと思います。

認知症の症状は「中核症状」と「行動・心理症状BPSD」の2種類があります。
中核症状は脳の神経細胞の異変によって起こる症状です。
例えば、記憶が失われてしまう「記憶障害」、考える力がなくなる判断力の障害、使い方や手順がわからなくなる実行障害、時間や場所などがわからなくなる見当識障害などが挙げられます。

一方、行動・心理症状BPSDは、中核症状と一緒に現れる症状です。
例えば抑うつ、不眠、暴言、暴力、妄想、幻覚、徘徊、失禁などの症状です。

認知症の方の置かれている環境によってどのような症状が出るかは変わってきます
介護を行う方にとって、頭を悩ますのはBPSDの症状です。

■認知症の早期発見のために
あなたのご両親に認知症の疑いがある場合は、長時間一緒に過ごし親の様子を観察しましょう。
親と同居している場合は親の変化にも気付くことができるかもしれませんが、遠方で住んでいる場合は気付くことが難しいでしょう。
その場合、頻繁に電話などで連絡を取ったり頻繁に帰省をしましょう。

認知症を発症すると、日常生活に支障が現れ、たくさんの失敗をしてしまいます。周囲の人はなかなか認知症とは気づかないため注意されたり責められたりと辛い思いをすることも少なくありません。周囲から理解が得られなければ、生活していくことに自信を失ってしまいます。

認知症は家族からの理解がとても大切です。
親の認知症に気付いてあげれるよう、関心を持ってご家族と接していきましょう。

遺品の中でも買取金額が高くつくものとは

e8edd74d720c4e04d7bc2502ad8172b8_m

みなさんこんにちは、東大阪市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

大切な方が亡くなった後に待ち受けているのが「遺品整理」

故人、また残された遺族の気持ちの整理のためにも必要不可欠なものです。
ただ何でもかんでも捨てることはやめましょう。
もしかしたら高額で買い取ってもらえるものがあるかもしれません。

■遺品整理で高く売れるもの
・貴金属
ネックレスや指輪、ブローチなど貴金属のアクセサリー類は売れやすい品物です。
素材に金やプラチナが使われていたり、有名ブランドのものは特に高く売れやすいでしょう。

・着物
着物は他の衣服に比べて、高く売却することができます。
和服の買取を行なっている業者は数多くあります。
着物によっては5万円から10万円などで買い取ってもらえるケースがあります。
遺品として使うのであれば残しておいて良いと思いますが、そうではないのであれば、取っておいてもスペースを取るだけです。着物は残すもの、遺族に譲るもの、売却するもの、処分するものと分けていきましょう。

・コレクションした品物
故人が趣味でコレクターしたプレミアグッズやアイドルグッズが家にある場合、高く売れる可能性があります。また、骨董品や絵画などの美術関係の遺品も高く売れる可能性があります。

・趣味のもの
将棋や囲碁の将棋盤や囲盤は高値で買い取られます。碁石やコマなどをセットで販売すれば数万円で売れることもあります。
また釣り具やゴルフセットなども需要があるため、高く売れやすいです

大切な方が大切にしていた物はなかなか捨てられないこともあるでしょう。
しかし、ずっとお家の中におくわけにはいきません。
気持ちの整理をしながら、ご自身のペースで片付けていきましょう。

片付けのやる気を出すコツ

9c61e4dfbfbc40ec14ccbc157d4cd81f_m

みなさんこんにちは、吹田市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

みなさんは日頃から「お部屋のお片づけ」していますか?
いざ片付けをしようと思っても「やる気が出ない〜。」とすぐに諦めてしまう方もいらっしゃるかと思います。
そんなあなたに片付けのやる気を出すコツをお教えします。

■片付けのやる気を出すコツ
・理想とする部屋を探す
雑誌などを見て理想とする部屋を探して見ましょう。
理想の部屋をイメージできれば、やる気が出てきます。
ただなんとなく片付けを進めてもモチベーションを維持することが難しいためゴールを決めて作業を進めていきましょう。

・人を家に招く予定を立てる。
汚い部屋に人を呼びたくないですよね。
人を招く予定を強制的に作り、片付けなければ!という考えに持っていきます。

・整理するだけでなく捨てることも考える。
片付けや整理整頓するだけでなく「捨てる」ことにも目をつけましょう。
生活ゴミ、絶対に使わないもの、壊れていうものなどはゴミ袋にどんどん入れていきましょう。ただ、捨てていく中で捨てても良いか迷うものが出てくるはずです。
「いつか使うかも?」「もったいない。」「頂き物だから捨てたら申し訳ない。」など様々な理由でずっと放置しているものはありませんか?
もしあるのであれば1年以上使っていないものは捨ててしまいましょう。
捨てることは片付けることより簡単です。

■終わりに
片付けのやる気を出すためのコツ3つをご紹介いたしました。
部屋の片付けは面倒で大変ですが重い腰を持ち上げて、作業にとり掛かりましょう。

当社ではお部屋のお片づけサービスを取り扱っております。
お部屋が片付かなくて困っているという方は私たちに一度ご相談ください。

デジタル遺品って?万が一のために生前からデータの管理をしよう。

47d43e167aee1dcc0150279b06f99151_m

みなさんこんにちは、大阪市天王寺区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

技術の凄まじい発展に最近ではパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器を持つ人が増えました。
スマホやパソコンの中には様々な大切な情報が含まれています。
デジタル遺品は遺品整理が難しく、取り扱いを間違えるとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
今回はデジタル遺品に含まれる情報についてご紹介いたします。

■デジタル遺品って?
デジタル遺品はパソコンやスマートフォン、SNS場での写真などのデータです。
デジタル遺品の内容を確認するためには、IDやパスワードなどを用意してログインする必要があります。
ただ、故人が事前にパスワードなどを知らせていない場合、ログインすることができずに放置されてしまうことも多く、社会問題となっています。

■デジタル遺品にはどんな情報が載っている?
・写真や動画
スマートフォンで写真や動画を撮影し保存していると、持ち主がなくなった時にご家族の方はデータを見ても良いのかと頭を悩ませることでしょう。

・電話番号、アドレス、住所
パソコンや携帯電話の中には家族や友人、会社との取引先などの連絡先やデータなどの個人情報が多く保存されています。
連絡先が流出してしまうと、たくさんの方に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

・クレジットカードの情報
パソコンやスマートフォンで買い物をしたことがある場合、クレジット情報が保存されている可能性があります。
データを完全に消去せずに処分してしまった場合、クレジットカードが悪用されてしまう可能性もあります。

・SNSの記録
facebookやtwitter、instagramなど様々なSNSのアカウントをお持ちの方も多いでしょう。
最近ではSNSのなりすましなどの被害が多発しており、故人のアカウントも悪用の対象になります。
悪用されないためにも、生前のうちにSNSのパスワードなどをメモにとっておくなど対策をしておくと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
遺品整理は時間と体力が必要になります。
できるだけご家族に負担をかけないためにも生前から身の回りの整理はしておきたいものでです。
生前整理について何かお悩みがございましたら私たちオールサポートプロまで一度ご相談くださいませ。

業者に遺品整理を依頼した際に遺族側で準備することって?

c8d91122251265c070aa271712bd39d9_s

みなさんこんにちは、大阪市住吉区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

初めての遺品整理業者を利用する際に「当日までに何を準備したらいいの?」「立ち会いはしなければならないの?」など不安を感じる人も少なくありません。

今回は業者に遺品整理を依頼した際に準備しておきたいことと、用意するものについてご紹介いたします。

■見積もり書に記載のお金を用意しておく
遺品整理業者に料金を支払う手段は、現金やクレジットカード、銀行振込などがあります。
業者により支払い方法が異なって来ますので見積もり時にあらかじめ確認しておきましょう。
現金で用意する場合は、少し多めに用意しておくことをお勧めします。
サービスの追加などを依頼するときに追加料金を払えるようにするためです。

■作業内容の希望をまとめて伝える。
遺品整理の時に業者に触られたくないものや、自分たちで片付けたい箇所はあるかと思います。
また、遺品整理時に見つけて欲しいというものがあれば遺品整理業者に伝えておきましょう。
遺書や貴重品、エンディングノートなどに遺品整理時に故人の意向が記載されていれば、遺品整理業者に伝え、作業を進めてもらいましょう。

■ご自身でのゴミの分別や仕分けは不要
遺品整理時に残しておくものの希望を伝えていれば、ご遺族での分別や仕分けは必要ありません。
全て遺品整理業者に作業を託しましょう。

■ご近所・近隣への配慮
遺品整理時は不用品の搬出をしたり清掃などを行うことで騒音が発生してしまいます。
事前に作業を行うことをお知らせしておくことで近隣からの苦情も少なくすることができます。
もし、作業当日にご遺族が挨拶回りできないのであれば遺品整理業者の担当者がご遺族に変わり作業前に挨拶回りを行なってくれます。

いかがでしたでしょうか。
遺品整理業者はご遺族に変わり遺品整理のあらとあらゆるところまでケアを行なってくれます。
当社でも遺品整理サービスを取り扱っております。
初めての遺品整理で戸惑われているという方、一度お問い合わせくださいませ。

片付けは疲れる、面倒な掃除は業者に依頼しよう。

c8d91122251265c070aa271712bd39d9_s

みなさんこんにちは、大阪市生野区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

「部屋が汚いから掃除したい。」
「お家に友人が遊びに来るから片付けなきゃいけない。」
「断捨離したい。」
など人によって部屋を片付けたい理由は様々です。

ただ重い腰を上げて片付けを始めようと思っても、片付けてすぐにやる気を失ってしまう方がいらっしゃいます。
確かに部屋の片付けって疲れますよね。

なぜ片付けを行うと疲れてしまうのでしょうか。

■片付けを行うと疲れるワケ
・決断疲れ
人間は1日のうちに、たくさんの決断を行なっています。
「今日なに食べよう?」「これは優先順位が低いから後からやろう。」「明日は何時に起きよう。」
など決断の連続です。

片付けを行う際もたくさんの決断を迫られます。
必要なもの、使わないもの、使うかもしれないもの、処分するものなどを物1つ1つを見てご自身で決断しなければなりません。
決断は体力を使うため、短い時間でめんどくさくなる原因になります。

・片付け方がわからないから。
片付けのやり方がわからないと、どう進めて良いかわからないですよね。
そのため、どう片付けて良いかしっかり考える必要があります。
考えることは頭を使うため体力的にも精神的にも疲れて果ててしまいます。

■疲れないためには正しい片付け方法を知る。
・整理を行う場所にあるものを全て出す。
ものの多いところといえば「押入れ」です。
一度ご自身で物を全て出し、どれだけの量があるかを確認してみましょう。

・ものを3種類に分ける。
押入れの中にあるものを全て出したら、ものを3種類に分けていきます。
「使うもの」「使わないもの」「保留」の3つです。
毎日使っているものであれば「使うもの」
1年以上使っていないものは「使わないもの」
使うか使わないか迷っているものは「保留」としましょう。

おそらく初めは「使わないもの」が少なく、「使うもの」「保留」が多くなりがちです。
しかし最初は保留が多くても構いません。
迷うことが疲れさせる原因になるため、どんどん仕分けしていきましょう。

・時間を決めて作業する。
だらだらと片付けていたら時間がかかってしまいますし、疲れてしまいます。
片付けるときは1時間など時間を決めて集中して作業しましょう。

■片付けを行う時間がない、誰かに片付けてほしい!と思ったら
お家の片付けに時間を割くことができないという方、片付けがめんどくさいと思った方は、生前整理業者のお部屋片付けサービスを利用しましょう。

あなたに代わって動いてくれるため疲れることなく家の中を片付けることができます。
また、お家の中に不用品があれば回収してくれるためおすすめです。

当社では遺品整理、生前整理、不用品回収、ゴミ屋敷清掃など様々なサービスを取り扱っております。
お家の中のお困りごとございましたら、私たちオールサポートプロまでご相談ください。

遺品整理のスケジュールを決めてスムーズに作業していきましょう。

e8edd74d720c4e04d7bc2502ad8172b8_m

みなさんこんにちは、大阪市北区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

故人が亡くなった後、残されたご家族はお葬式や役所への届けなどやらなくてはならないことがたくさんあります。
その中でも今回は遺品整理について考えていこうかと思います。

遺品は故人が生前大切に使われていたものですし、あなたとの思い出が深いものもあることでしょう。

後から後悔しないように時間をかけてゆっくり整理していきましょう。

■遺品整理のスケジュールを決める。
物の量によりますが、遺品整理は1日や2日では終わりません。
始める前にしっかりとスケジュールを立ててスムーズに進めれるようにしていきましょう。
また、故人が賃貸住宅で暮らしている場合は早めの退去が必要になるため、管理会社や大谷さんに確認していつまでに退去になるかを確認しておきましょう。
遺品の分類、不用品の廃棄方法の決定、その他作業の段取りを事前に決めていきましょう。

■遺品の分類
故人のお家には大型家電、家具、衣類、食器、ベッド、布団、趣味のもの、貴重品、貴金属、骨董品など様々なものが残されています。
貴重品や重要書類など相続に関する大切なものを誤って捨ててしまわないように残された遺品を一つ一つ確認していきましょう。

「遺品として残すもの」「売るもの」「処分するもの」に仕分けしましょう。

・「遺品として残すもの」
大切な故人が使っていたものはできるだけ大切にしたいという気持ちはわかります。
しかし、全てを残しておくことはできません。
あなたにとって大切なもの、これは残しておきたいというものを慎重に厳選していきましょう。

・「売るもの」
骨董品や宝石、貴金属など遺品の中には高価で売却できるものがあるケースがあります。
不用品の処分をする際にお金がかかることが多いため、売れるものはできるだけ売るようにしましょう。
ただ、事前に売却するものの価値を知ることが大切です。
適正な価格で買い取ってもらえるように対策をしておきましょう。

・「処分するもの」
部屋の中全てを整理するとなると多くのゴミが出てきます。
小さなゴミであれば簡単に処分することができますが、大型の家電や家具の処分は少々面倒です。
そんな時は、遺品整理業者や不用品回収業者に不用品の回収を依頼しましょう。

当社では遺品整理や不用品回収、ゴミ屋敷清掃、ハウスクリーニングなど様々なサービスをご提供しております。
遺品整理でお困りごとがある際は一度私たちにご連絡くださいませ。

主治医の治療方針に疑問がある場合は他の病院へ相談しましょう。

efe65eba52a53f9249a6aa82d9f125fb_m

みなさんこんにちは、大阪市住吉区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

■セカンドオピニオンとは?

手術や投薬が必要な場合、医師と一緒に今後の治療方法について考えていくインフォームドコンセントが行われます。
しかし、医師からの提案に疑問があり詳しく聞いても納得ができない場合があります。
そんな時は、現在診療を受けている担当医とは別に他の病院の医師に意見を求める「セカンドオピニオン」をとる方法があります。
セカンドオピニオンを受けることで、別の切り口で意見を聞けますし、同じ診療結果だとしても病気に対する知識の理解を深めることができます。

■セカンドオピニオンを受けるまでの流れ

1.担当主治医に紹介状を書いてもらう
まず担当主治医に紹介状を書いてもらう必要があります。
「セカンドオピニオンを受けることを内緒にしていたい。」
「気まずくなりたくない。」
と言った気持ちはわかりますが、紹介状がないと診断量が高くついてしまいます。

最近では主治医も協力的でセカンドオピニオンに対して理解があります。
「生命に関わる大事なことなので他の医師の意見も聞いて、納得してから先生の治療を受けたい。」
など主治医に配慮しながらも自分の意思を伝えましょう。

2.セカンドオピニオン外来を検索する。
インターネットで「セカンドオピニオン 病名」で検索してみましょう。

3.必要書類を確認
依頼する外来が決まったら電話やホームページを見て必要な書類がなんなのか確認します。
健康保険の対象外のため相談料は高額になりますが、一般的に20000円ほどになります。

4.必要書類を主治医に用意してもらう。
主治医にセカンドオピニオンを受けたい意思を伝え、紹介状や検査データなどの必要書類を用意してもらいましょう。

5.セカンドオピニオン外来を予約する。
必要書類がそろったら予約をとりましょう。
事前に質問したいことを整理し、提出しましょう。

6.セカンドオピニオンを受ける。
事前に用意していた質問事項に沿って医師の意見を聞いていきましょう。
体調が優れずその場にいれない場合は家族だけの出席でも構いません。
病院によって同意書が必要な場合もあるため確認しておくようにしましょう。

7.結果を主治医に報告する。
セカンドオピニオンを終えたら必ず主治医に報告を行いましょう。
今後の治療方法などを再度相談するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
手術を受けなければならない状態になってしまった、ご家族の誰かが手術を受けなければならない状態になった時にセカンドオピニオンという仕組みを理解しているとしていないでは差が出てきてしまうこともあります。

主治医の治療方針に疑問があった際はセカンドオピニオンを積極的に利用しましょう。

当社では生前整理、遺品整理、不用品回収、ゴミ屋敷清掃など様々なサービスを提供しております。
お役に立てることがございましたら私たちオールサポートプロまでご相談くださいませ。

手術時や投薬の際はインフォームドコンセントが必要になります。

efe65eba52a53f9249a6aa82d9f125fb_m

みなさんこんにちわ、豊中市で遺品整理をしているオールサポートプロです。

みなさんは「インフォームドコンセント」という言葉をご存知でしょか?
なんとなく医療関係の話かな?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

■インフォームドコンセントはアメリカ発祥
a62d354f638fdf43e514695f41576f25_mインフォームドコンセントはアメリカで生まれた考え方です。
直訳すると「十分な説明を受けた上の同意」という意味があります。

アメリカではかつて医療訴訟の数がとても多い国でした。
十分な説明のないまま手術が行われ、失敗してしまった場合、訴訟を起こされてしまい敗訴してしまうケースが多かったのです。

そこで生まれたのがインフォームドコンセントです。

お医者さんが念入りに治療方法や薬について患者に説明し事前に同意を得ることで、納得のいく手術をうけてもらうことができました。

■日本でも定着しつつあるインフォームドコンセント
2ae4ec48eb55ae189560e8bb40caa89f_m
現在は日本でもインフォームドコンセントが定着しつつあります。
医療訴訟が少なかったため、日本ではなかなかこの考え方が広まりませんでした。

しかし、患者自体がしっかりと手術の内容、リスクなどを知ることで、たた受け身になるのではなく病気に立ち向かう姿勢を持ってもらう、医師とのコミュニケーションを行う機会によいなど様々な理由で採用されはじめました。

■患者主体で決定
dbb7cb486cae9c155fd3f25ce77cb41f_m
インフォームドコンセントは医師が主体になって決める医療ではなく、患者主体になって治療方法をきめていきます。
説明の場には、患者だけでなく家族の同席が求められます。
もし患者が出席できない場合は家族のみの参加でも問題ありません。
説明の際は医師からの説明をメモにとりましょう。そしてわからないことがあればその場で質問をして解消しましょう。

■医師からの説明を聞いたら
efe65eba52a53f9249a6aa82d9f125fb_m
医師からの説明に同意した場合は、手術同意書にサインをしましょう。
納得のいかない場合は、他の病院の医師の説明を聞く「セカンドオピニオン」を取ることも可能です。

いかがでしたでしょうか?
元気なうちは馴染みがないインフォームドコンセントですが、年齢を重ねるにつれて手術を伴う病気のリスクが増えていきます。
いつか来るその日のために準備をしておきましょう。

当社では遺品整理、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃など様々なサービスを提供しております。
お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

認知症を予防する生活習慣を送ろう

d5abcede269c0a587d3c0fa7340bc6e8_m

みなさんこんにちは、四條畷市で不用品回収を行なっているオールサポートプロです。

人間、年齢を重ねるにつれて物覚えが悪くなったり、芸能人の名前を思い出せなくなったりします。
このような物忘れは脳が老化していることが原因で起こります。
ただ認知症は脳による老化が原因ではなく、何らかの病気により脳の神経細胞が壊れることでおこる症状とされています。
ただ、様々な研究から認知症になりにくい生活習慣があるとわかってきました。
「まだ若いから大丈夫。」「私に限って認知症にはならないでしょう。」
と思うのではなく、毎日の生活習慣をみなおす努力をしていきましょう。

■認知症のリスクを抑える生活習慣

1.青魚を積極的に食べる。
DHAやEPAが配合されている青魚は認知症予防にとても良いです。
青魚を定期的に食べれない場合はサプリメントなどで補うと良いでしょう。

2.日常的にウォーキングなどの有酸素運動をする。
有酸素運動を行うことで血流増加を促し脳に新鮮な酸素を流すことで認知症を予防します。

3.野菜を摂る。
ポリフェノールやビタミンC、ビタミンEが含まれる野菜は認知症予防にとても良いです。トマトやアボガド、玉ねぎなどの野菜を積極的にとりましょう。

4.日記をつけたり、小説を書いたりと文章を考える習慣をつける。
脳を働かせていないと血流が悪くなります。
自分で考えてものを描くときは脳がとても脳を使うための良い刺激となります。

5.ゲームなどを楽しむ
トランプゲームや麻雀、将棋などの相手の手を読むゲームは、高度な認知能力が必要になります。
そのため、脳が活性化され認知症予防につながります。

6.人付き合いを積極的にする。
相手の話を聞き、相手に気を使い会話をすることは脳にとって良い刺激です。
積極的に人と関わるようにしましょう。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

pagetop