コラム/大阪・兵庫の遺品整理・特殊清掃はオールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

異臭と戦う特殊清掃員、特殊清掃員が遭遇する状況とは。

df5f1bb11743a766d20da55a10d951f9_m

みなさんこんにちは、四條畷市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

特殊清掃員がどのような仕事をしているか知っていますか?
とても壮絶な現場を清掃する必要があるため精神的にタフにならなくてはなかなか務まりません。
ではどのような壮絶な現場を体験するのでしょう。

今回は特殊清掃員が遭遇する状況についてご紹介いたします。

【異臭・腐敗臭】
人が亡くなり、長い間誰にも発見されずに放置されたご遺体はどのような匂いがするかをご存知でしょうか。
夏のような暑い時期であれば1日でハエがわき異臭が発生します。
1ヶ月ほど放置されると体内にガスが溜まり皮膚を破りガスが破裂し体液を一緒に吹き出します。
その際に床や壁に体液が飛び、異臭を拡大させます。

特殊清掃員が部屋の中に入った後は、ご遺体の大部分は警察が引き取り残っていませんが、流れ出した体液や爛れた皮膚片は警察は持っていけないため残されています。

死臭がする部屋に入ると、全身に匂いが染み付き、家に帰ってお風呂に入らないと匂いを取ることができません。ただお風呂に入っても「まだ臭い」と錯覚で匂いがすると思い込んでしまうことも多々あります。

死臭は慣れるものではなく、一度経験し再度現場に入る際に吐いてしまう人もいるくらいです。

当社でも特殊清掃サービスを取り扱っております。
身の回りで「孤独死」や「自殺」などが起こった際は私たちにご連絡ください。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

仏壇の正しいお参り方法って?

オールサポートプロ 終活って何?何のために行うの?

みなさんこんにちは、大阪市住吉区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

みなさんはお仏壇の正しいお参り方法をご存知でしょうか。
お仏壇は「小さなお寺」のようなものと考えられており、また故人の位牌とご本像が安置されている場所とされています。故人と心の中でお話をするためにお仏壇にお参りします。

今回は気持ちよくご先祖様とお話しできるように正しい仏壇のお参り方法についてご紹介いたします。

お参りは起床時と就寝前の2度お参りをしましょう。2度できないのであれば起床時に一度行いましょう。

仏壇の前に正座をしてご本尊に一礼します。
お茶または水、炊きたてのご飯をお供えし、仏壇の前に正座してろうそくに火をつけ、ろうそくの火で線香を灯し香炉にお供えしましょう。
お供えが終わったら、合唱をして題目を唱えます。
最後にもう一度一例をしてから下がりましょう。

お参りを終えたら、必ずろうそくの火を消してから離れるようにしましょう。
風のせいで火が燃え移ることもあり、過去仏壇のろうそくが原因で火災に発展してしまったケースもあるため要注意です。

仏壇の中に写真を飾る方もいらっしゃいますが、写真は見るものであって拝むものではないため別の場所に飾ると良いでしょう。拝むのは個人の象徴の位牌をお参りします。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

物を大切にすることは大切、でも限度はあります。

C789_hakisaretanuigurumitachi_TP_V4

みなさんこんにちは、吹田市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

ゴミ屋敷には異常なほどのゴミが溢れかえっています。
最近ではニュースや新聞、バラエティ番組などで特集が組まれるほど大きな話題を呼んでおり社会問題となっています。
このような番組を見ていると「なんでここまでになるまでゴミ屋敷を放っておいたの?」「なんでこんなにもゴミがあるの?」と疑問を持つことでしょう。
なぜ、彼らは家をゴミ屋敷にしてしまったのか?それには様々な理由があります。

今回は人がゴミ屋敷を作ってしまう人の特徴をご紹介いたします。

・ものに対して執着心が強い。もったいない精神が強い。
ものの少ない時代に生まれた高齢者の方は物を捨てる発想がなく、どんどん物を増やしてしまう傾向があります。
確かに物を大切にすることは良いことですが、限度はあります。
「これから使える。」「取っておいて損はない。」とゴミ同然のものまで捨てることができず、どんどんエスカレートしていくとゴミ屋敷になってしまう可能性があります。

・片付けが苦手、家が汚くても平気な人。
片付けが苦手な人は部屋が汚れていても「まぁいっか。」と掃除を後回しにしがちです。
家の中がゴミだらけでも汚いことに慣れているため、片付けをしない限りゴミがどんどん溜まっていきます。年月を積み重ねるに連れてゴミはどんどんたまり、取り返しのつかないほどのゴミ屋敷になってしまう可能性があります。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

人が住まないと倒壊の危機!?空き家を活用したい!

OZP_sorawomiagerusagyou1188_TP_V4

みなさんこんにちは、大阪市北区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

現代の日本で問題視されている「空き家」問題。
空き家は人が住んでいないとどんどん劣化していき、最悪の場合倒壊してしまう可能性もあります。
さらに景観の悪化や放火の誘発、不審者の住み込みなど空き家を放置することで様々なリスクを伴います。

空き家を放置するのではなくて、どうにか活用したい!という方も多いはずです。
今回は、空き家の活用方法について考えていこうと思います。

1.店舗として活用する。
空き家を自由に改装して良い条件をつけて、賃貸物件として貸し出しを行ってみましょう。
家の原型がなくなってしまう可能性はありますが、ずっと空き家として放置されるよりは良い選択です。

2.シェアハウスにしてみる。
一軒家は部屋数が多いことが強みです。
その強みを活かして、シェアハウスとしてリノベーションをしてみましょう。
シェアハウスにした場合、入居した人が一人であっても家賃収入を得ることができるためリスクを分散させることができます。
立地がよければ満室になる可能性もあるためその分家賃収入も期待できます。
シェアハウスは他人同士が一緒に生活していく場所です。
入居者同士がうまく接していけるような空間づくりを行えば人気を集めやすいでしょう。

お困りごとの際はオールサポートプロにご相談ください。

遺影写真をご自身で用意する方法

df5f1bb11743a766d20da55a10d951f9_m

みなさんこんにちは、吹田市で不要品回収を行っているオールサポートプロです。

遺影写真とは、お葬式会場の祭壇に飾られるものであり、また家の仏壇のそばにも置かれるものでもあります。

遺影写真の写真をご自身で特に指定しない場合、残された家族が映りの良いものや故人が気に入っていた写真を使って作成します。
ただ遺影用に撮影いないため誰かが映り込んだり、ぼやけたりブレている写真の中から選ばなければならない可能性もあります。

最近では終活を行う人が増えてきています。
終活の一環として「遺影写真をご自身で用意する」方がいらっしゃいます。
そのため遺影写真の撮影を行うサービスが様々なところで行われるようになりました。

例えば、既存の写真から遺影写真の作成を依頼することができます。
パソコン一つで加工も容易にできるようになり、写っている服と違う服に変えてもらうこともできます。細かい調整・加工を行うことができるため美肌効果などをつけることもできます。

また、本格的に写真館などで撮影してもらうことも可能です。
中には出張撮影や、イベントなどを実施している業者もあります。
イベントなどでは遺影写真の写真撮影の他に通夜の料理試食や棺桶に入る体験などを実施しているところもあります。

料金は高くなりがちですがプロに撮ってもらえるため満足のいく写真が出来上がります。

お困りの際はオールサポートプロまでご相談ください。

ゴミ屋敷への外部の対応とは?

PAK160323490I9A4879_TP_V4

みなさんこんにちは、大阪市城東区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

昨今、深刻な社会問題として多数のメディアに登場する「ゴミ屋敷問題」
見た目が不潔というだけではなく、異臭の発生や害虫の発生、放火の誘発などの危険性もあるため早めに解決する必要があります。

ゴミ屋敷への自治体の対応はどのように行われるのでしょうか。

どこの自治体でもゴミ屋敷に対する近隣住民からのクレーム対応に悩まされています。
なぜならゴミ屋敷を法的に取り締まることができないからです。
敷地外に置いてある公道にゴミがはみ出していれば道路法・廃棄j処理法によって処分ができますが敷地内に置いてあるゴミに対しては、処分することができません。

また敷地内に置いてあるものは、ゴミであってもそこに住む方の財産となります。
憲法29条にて「財産権はこれを侵してはならない。」と定められており、いくらゴミ屋敷で迷惑していても勝手に自治体でゴミを処分することはできません。
しかし2015年に条例に基づき初の行政代執行が実施されました。
行政代執行とは行政機関が国民の利益のために強制的な措置を行うことです。

ゴミ屋敷が家の近くにありお困りの際は、まず自治体に相談しましょう。
ゴミ屋敷の住民に直接クレームをつけるのは得策ではありません。
トラブルの元になりますし、勝手に家の中に入ってゴミを捨てると不法侵入で訴えられてしまう場合もあります。決して敷地内には入らず、自治体に相談をしましょう。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

ゴミ屋敷の片付けを業者に頼みたい!どのような流れ?

オールサポートプロ 遺品整理を行う上で確認するべきこと。

みなさんこんにちは、大阪市旭区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

今回はゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する際の流れをご紹介いたします。

1.問い合わせ
パソコンやスマートフォンを利用して「お住いの地域名・ゴミ屋敷清掃」で業者検索をしましょう。
メールフォームで問い合わせをしても良いですし、すぐに返答が欲しい場合は電話しましょう。
問い合わせをする前に部屋の間取りや広さ、ゴミの量、予算などの情報をメモに書き出しておきましょう。またその際に一緒に確認して欲しいのが「買取を行なっているか」です。買取を行なっている業者であれば、ゴミ屋敷清掃から買取金額を引いた金額で料金を請求してくれるためおすすめだからです。

2.見積もり
実際にゴミ屋敷の状況を確認しながら、お困りごとやご予算をお伺いしながら対応策や作業プラン、料金をご提案させていただきます。

3.契約後打ち合わせ
見積もり金額、サービスに納得いただけたら作業の日程、期間、手順を共有していきます。
また、清掃前に「清掃の際にこれだけは捨てないで欲しい。」リストを用意しましょう。
あらかじめ清掃がスムーズに進むように事前の打ち合わせは念入りにしましょう。
気になることやわからないことはこの期間に聞いておくと良いでしょう。

4.ゴミ屋敷清掃作業
清掃当日は業者が依頼者と一緒に必要なものか不要なものかを判断、分別していきます。
あらかじめ伝えた「捨てないで欲しい」リストに載っているのものは処分しませんし、判断ができないものは依頼者に確認しながら作業していきます。
ゴミを撤去した後はハウスクリーニングを行い原状回復までできる限り戻します。
(業者によっては追加料金が発生する場合もあるため確認が必要です。)」

いかがでしたでしょうか。
当社でもゴミ屋敷清掃サービスを取り扱っております。
ぜひお問い合わせくださいませ。

一般の人は決して入らないで!壮絶な現場には特殊清掃員が駆けつけます。

OZP_sorawomiagerusagyou1188_TP_V4

みなさんこんにちは、大阪市東成区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

みなさんは「特殊清掃業」という業種を聞いたことがありますか?
清掃業の一つではありますが、事件や事故、自殺の現場など普段一般人が掃除しない特殊な状況を綺麗にする清掃業務です。

「そういえばこのところお隣さんを見かけない。
新聞がずっと溜まっている。
何か部屋から異臭が漏れてきた。
害虫もよく見かけるようになった。」

と近隣住民や大家が異常に思い警察に通報しご遺体が発見された後、特殊清掃員が駆けつけ部屋の修復を行います。
長い間遺体が放置されていると、腐敗が進み血液や体液が床や壁に染み込みます。
鼻につく強烈な死臭は市販の消臭スプレーをかけて雑巾で拭きあげても落とすことはできません。

また、血液や体液を素手で触ってしまうとウイルスに感染してしまう恐れがあります。
さらに部屋の中は害虫だらけでいたるところにゴキブリやハエがいます。
このような状況を一般の人が全て処理することは到底不可能でしょう。

孤独死などの現場に遭遇してしまった場合は、決して中には入らず警察に通報しましょう。
身を守ることも大切です。

当社でも特殊清掃のサービスを取り扱っており、何件もの現場を経験してきました。

ご家族の突然死、賃貸で貸していた人が孤独死をしていたなどお困りの際は、私たちオールサポートプロまでご連絡くださいませ。
速やかにお見積りにお伺いさせていただきます。

ゴミ屋敷を片付けたい!どこに頼んだらいいの?料金は?

タグメモいろいろ

みなさんこんにちは、吹田市で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

ゴミ屋敷には様々な危険が潜んでいます。
例えば、放火や自然発火による火災であったり、害虫の発生など人間の生死に関わる危険が潜んでいます。
このような状況になる前に「ゴミ屋敷を片付けたい」と思った際、どこに連絡すれば良いのでしょうか。

答えは民間の遺品整理業者や不用品回収業者です。

ゴミ屋敷をすぐに片付けたい!という場合は遺品整理業者や不用品回収業者に依頼しましょう。
規模にもよりますが最短で1日で片付けることも可能です。
また片付け、不用品の処分、現像復帰まで人が住める環境になるまで全てを業者が行なってくれます。

ただ料金は少しお高めです。

当社では規模によって料金設定しており、

■Sパックの場合
45,000円(税別)~
軽トラック1台
作業員 1名

Mパックの場合
70,000円(税別)~
1.5tトラック1台
作業員 2名

■Lパックの場合
100,000円(税別)~
2tトラック1台
作業員 2名

となっております。
簡易清掃や貴重品探索サービス、荷物の仕分け、収納アドバイスのご提案、壁についている造作物の取り外しなどのサービスなどが含まれています。

また当社ではゴミ屋敷清掃以外にも不用品の回収、買取、ハウスクリーニングなども行なっているため一気に家の中を綺麗にすることもできます。
ぜひご利用ください。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

人のパソコンを安全に廃棄しよう

OL

皆さんこんにちは、大阪市住之江区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

故人の遺品の中にパソコンがある場合、慎重に取り扱う必要があります。
なぜならパソコンには個人情報がたくさん含まれているからです。

生前故人が使っていたメールや、友人のアドレス、重要な書類など様々な情報がパソコンの中には入っています。
中にはクレジットカードなどお金に関わる情報もあるので慎重に取り合う買う必要があります。

パソコン内部にはハードディスクが入っており、その中に情報を記録がされています。
このハードディスクに注意してパソコンを廃棄していく必要があります。

ではパソコンを捨てる方法はどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、パソコンの安全な廃棄方法についてご紹介いたします。

1.メーカーに廃棄してもらう。
まず初めにパソコンのメーカーを確認してみましょう。
ほとんどのメーカーがパソコンを引き取り処分してくれるためメーカーのサイトをチェックして、処分方法を確認してみましょう。

2.リサイクルショップに買い取ってもらう。
比較的綺麗なものや、年式が新しいものであればリサイクルショップに持ち込めば買い取ってもらえる可能性があります。
取扱説明書や本体以外の付属品をできるだけ揃えて買取金額が高くなるようにしましょう。

3.遺品整理業者を利用する。
もしあなたが遺品整理でお困りごとやわからないことがあるのであれば遺品整理をサポートしてくれる遺品整理業者を利用してみてはいかがでしょうか。
パソコンの処分からその他の不用品処分、供養、遺品整理作業。ハウスクリーニングなどをまとめて依頼することで遺品整理を早く終わらすことができます。

どの廃棄方法を利用するにしても、必ずハードディスクの情報を全てリセットしましょう。
お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

pagetop