コラム/大阪・兵庫の遺品整理・特殊清掃はオールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

終活って何?何のために行うの?

オールサポートプロ 終活って何?何のために行うの?

みなさんこんにちは、大阪市鶴見区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

終活という言葉、みなさんも一度は聞いたことがあるかと思います。
終活とは、人生の最期をむかえるに向けて、前向きに準備を行う活動のことを言います。
2010年に流行語大賞にノミネートされてから「終活」という言葉が注目されるようになりました。

現代は核家族化が進み、子供一人に負担がかかってしまう時代です。
ご自身の不幸はいつどのような形で訪れるか、全く予想がつきません。
病気などで余命を知らされた場合は予感することは可能ですが、心身が弱った状態で子供に負担がかからないように準備をしたり、思いを伝えることはむずかしいでしょう。

終活は、自分自信のためであり、遺族のためのものです。

終活を行うことで、
・財産の有無、借金の有無
・預金通帳・印鑑の在り処
・相続に関わる親族が誰か。
・加入している保険
・希望する葬儀内容
・お墓の所在地
など、自分自身の死後の希望を遺族に伝えることができます。
また、財産の有無や預金通帳の場所を遺族に伝えることで故人の死後、スムーズに遺品整理を行うことができます。

自分には「終活」はまだ早いと思われるかもしれませんが、遺される方の負担を少しでも小さくするために、早めに活動を行う必要があります。

お困りごとは、ぜひオールサポートプロにご相談ください。

遺品整理ならではの遺品の仕分け方法~家財道具を仕分ける2~

プロ 遺品整理ならではの遺品の仕分け方法~貴重品をまず探そう~

みなさんこんにちは、大阪市中央区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

前回に引き続き、「遺品整理ならではの遺品の仕分け方法」についてご紹介いたします。

3.リサイクルに回す

テレビやエアコン、冷蔵庫や洗濯機は家電リサイクル法により処分の方法が細かく決められています。
処分する際にお金を支払う必要がありますので念頭に置いておきましょう。

4.ゴミとして処分するもの

家電・家具をゴミとして処分する際は各自治体で実施されている粗大ごみ回収を利用するか、不用品回収サービスを行っている遺品整理業者に依頼しましょう。

片付ける時間があり、体力的にも自信がある場合はご自身で遺品整理を行うのが費用面で大変メリットです。
しかし、どうしても時間が作れない方や体力に自信のない方は遺品整理業者に依頼することをお勧めします。
家丸ごと整理していたら粗大ごみ以外のゴミもゴミ袋30袋以上は出てくるはずです。
発生したゴミを決まった曜日に少しずつ出していてはとても時間がかかってしまい大変です。
また自治体で粗大ゴミの回収を依頼すると家の外まで不要品を運びださなければならないため力が入ります。

みなさんの状況に合わせご自身で遺品整理を行うか業者に依頼して遺品整理を行うかを判断してみてください。

お困りごとの際は、私たちオールサポートプロまでご相談ください。

遺品整理ならではの遺品の仕分け方法〜家財道具を仕分ける1〜

プロ 遺品整理ならではの遺品の仕分け方法~貴重品をまず探そう~

みなさんこんにちは、大阪市北区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

貴重品の次に仕分けして頂きたいのが、大型の家具や家電です。
大きなものがほとんどなので先に処分するとスペースが広くなり、作業がしやすくなります。

では仕分けする基準として4つ挙げさせていただきます。

1.遺族が引き続き使う物

遺品の中に思い入れの強いものがあれば、引き取りたいと思うのも無理はありません。
形見をどれだけ残すかは個人の自由ですが、あれもこれもと残しておこうと思うとご自身の家がものに溢れかえってしまう羽目になります。
これだけは絶対に残しておきたい、大切にしたいというものだけ形見にし、残りは心の中の押入れにしまっておきましょう。

2.買取査定をしてもらいたいもの

貴金属や宝石、アンティーク家具など買取査定してもらえそうなものは、買取前に遺品の価値を調べましょう。
価値がわかった上で買取業者を数件回って、買取を行うのが損をしない方法です。

また、遺品の買取依頼をする前に相続人全員の承諾を得ることを忘れないでください。
後々トラブルになってしまう可能性があり、もめてしまうと人間関係が修復不可能になってしまう可能性があります。
円満に相続を行うためにも忘れないようにしましょう。

次回に続きます。
お困り事の際はオールサポートプロにご相談ください。

遺品整理ならではの遺品の仕分け方法~貴重品をまず探そう~

プロ 遺品整理ならではの遺品の仕分け方法~貴重品をまず探そう~

みなさんこんにちは、門真市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

遺品を整理する上で、一番最初にやらなくてはいけないのが遺品を仕分け・分別することです。
ただ闇雲に、ダンボールに遺品を詰めてしまうと、後々遺品を探すときにとても苦労してしまいます。
ですので最初に細かく仕分けをして、効率よく遺品を整理していきましょう。

遺品整理は一般的な片付けとは違い、後々に相続にかかわる手続きなどが控えているため遺品整理ならではの遺品の仕分け方法があります。

まず行いたいのが「貴重品をまず探す」ことです。

主な貴重品は、
・銀行の通帳、キャッシュカード、クレジットカード
・印鑑
・年金手帳
・生命保険等に関する書類
・権利書
・健康保険証、運転免許証、パスポート
・貴金属や骨董品など価値が高いもの
・公共料金の請求書や領収書
・借入金に関する書類
が該当します。

上記の内容を見てもわかるように、相続にかかわるものがあったり、年金受給の停止、公共料金等の支払いを要するものがあります。
そのため早めに確認し、期限までに支払いや手続きを行わなければトラブルになってしまう可能性があります。

では、どこを探せば貴重品が出てくるのでしょうか?

お金が関わる貴重品は部屋の見えるようなところにポンッと簡単に置かれているものではありません。
みなさんも誰にもわからない、自分だけが知っているところに貴重品を隠すと思います。
そのため、見つけにくい場所に置いている可能性があり、探すのが困難です。

次回は、貴重品の探し方についてご紹介させていただきます。

お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

遺品整理に必要なアイテムとは?〜その2〜

Web

みなさんこんにちは、大阪市鶴見区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

前回に引き続き、遺品整理に取り掛かる前に揃えておきたいアイテムをご紹介します。
片付け途中に必要なものが手元にないと、時間をロスしてしまいますので、事前に揃えて遺品整理に臨みましょう。

6.ハサミやカッター
毛布や布団などを捨てるときに粗大ゴミとして捨てる方がほとんどだと思います。
しかし、毛布や布団などをゴミ袋に入る大きさにハサミで切り刻むことで家庭ゴミとして捨てることができます。費用をできるだけ抑えたい方にはオススメです。
また不要になったクレジットカードを誰かに再利用されないために、ハサミやカッターで切り刻むのにも使えます。

7.ガムテープ
ダンボールを閉じる際に使います。
ゴミ袋が破れてしまったときにダンボールで穴を塞ぐのにも使えます。
また、刃物などを捨てるときは、触れると危険な部分をガムテープで巻いてガードしましょう。

8.ボールペン・油性ペン
仕分けした荷物が何なのか、すぐにわかるようにダンボールに書き込む際に使います。

遺品整理に使うアイテムは引っ越しの際に使うアイテムと似ています。
遺品整理当日に慌てないようにしっかりと揃えて臨みましょう。
お困りごとの際は、オールサポートプロへご相談ください。

遺品整理に必要なアイテムとは?〜その1〜

Web

みなさんこんにちは、大阪市生野区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

遺品整理を始める前に揃えておきたい道具をご紹介します。
始めてから足りないことに気づいてしまうと、時間を取られていまいますので事前に必要なものは揃えてから遺品整理に臨みましょう。

1.ゴミ袋
ゴミを捨てる際に必要になるのがゴミ袋です。
45リットルのものがゴミを入れた時に重すぎないためお勧めです。
また、破れないように厚手の丈夫なゴミ袋を使いましょう。破れてしまうと後片付けに時間が取られて効率が悪くなってしまいます。

2.手袋・軍手
手袋や軍手があると思いものを持ちやすくなったり、掃除がしやすくなります。
ダンボールや紙で手を切ってしまうことがあるため、手袋は念のためつけて片付けを行いましょう。

3.ダンボール
遺品整理は引っ越しと同じようなものだと思ってもらえばいいのですが、小さなお家でもダンボールは20〜30箱は必要になります。
どこにどんなものが入っているかなどわかるように細かく仕分けをした方が良いため、それ以上に数が必要になる場合もあります。

4.マスク
人が住んでいたお家を片付けるわけですから、ホコリがたくさんあるはずです。
ホコリをたくさん吸い込んでしまうと、気管支を痛めてしまうので、できるだけマスクを着用して掃除をしましょう。

5.ビニール袋
雑誌や新聞、不要になったダンボールなどを縛るのに必要です。

次回に続きます。
お困りごとの際はオールサポートプロまでご相談ください。

遺品整理の計画は事前に決めよう~計画~

プロ 遺品整理の計画は事前に決めよう~期間について~

みなさんこんにちは、大阪市阿倍野区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

故人が亡くなり、お通夜や葬式後、遺族全員と今後の遺品整理をどうするかについてしっかり計画しましょう。
遺品整理の際に、何をしなければいけないかをメモに書き出していきましょう。

例えば、
・何日までに片付ける。
・貴重品を探し出す。
・どのくらいの費用が発生するか確認する。
・遺品整理を業者に依頼するか、その際の費用はいくらか確認する。
・不要なものの処理はどうするか遺族と話し合う。
・買取できそうなものは買取依頼にまわすかどうか話し合う。

など、あらかじめやることリストを作成して、目標を持って作業できるようにしましょう。

また、遺品整理の日程は多くの遺族がが立ちあえる日を選ぶことが大切です。
作業人数を増やすということはもちろん、各遺品の相続人を決めていかなければならないため、話し合う必要があります、
全員を集めるのが難しい場合は、委任状を書いてもらい後々トラブルにならないように対応しましょう。

故人が亡くなられ、気持ちが落ち着かない状態ですぐに遺品整理を始めるのはとてもお辛いものです。
できるだけたくさんの遺族が集まれるお葬式や、四十九日の際に遺品整理をどうするか話し合い、日程や費用などを決めていきましょう。

お困りごとの際はオールサポートプロへご相談ください。

遺品整理の計画は事前に決めよう~費用について~

プロ 遺品整理の計画は事前に決めよう~期間について~

みなさんこんにちは、門真市で不用品回収を行っているオールサポートプロです。

遺品整理を行う際、ご自身で遺品整理を行う場合と業者に依頼する場合で、費用が大きく変わります。

・故人のことをよく知り、残しておくべき遺品が何なのか、捨てるものはどれかをしっかりと把握している。
・時間に余裕がある。
・片付け作業を手伝ってくれる人がいる。
・車など荷物運搬のための道具が揃っている。

もしあなたが上記のような状況であれば、遺品整理をご自身で行うことで費用を安く抑えることができます。
しかし、会社勤めの方や子育てで忙しい方、家の中に要介護の高齢者がいる方など、遺品整理のために時間を作れない人も多くいらっしゃいます。

このような場合。費用は高くなりますが遺品整理・不要品処分・清掃などを行ってくれる遺品整理業者に依頼することをオススメします。
ご自身で荷物の仕分けやゴミの分別をする必要もありませんし、重い荷物を外へ運ぶ必要もありません。
また短時間で作業が完了するため、お急ぎの方にとても喜ばれます。

当社遺品整理費は、
1Rの場合 4万~
1DKの場合 6万~
1LDKの場合 8万~
2DKの場合 12万~
2LDKの場合 14万~
3DKの場合 16万~
3LDKの場合 18万~
を基本とさせていただいております。
※状況や荷物の多さによって変動する場合があります。こちらの料金に不用品回収費用は含まれておりません。

少し費用がかかってしまいますが、遺族だけで遺品整理を行おうと思えばとても時間がかかってしまう作業を最短1日(状況により異なる)で完了できるのはとても大きなメリットです。

費用を抑えたい場合は、価値のあるものや、まだまだ使えるものをリサイクルショップや遺品整理業者に買い取ってもらいましょう。
また、オークションサイトやフリマアプリなどを利用して遺品を販売し、次に使ってくれる人に譲る方法も良いでしょう。

お困りごとはオールサポートプロへご相談ください。

遺品整理の計画は事前に決めよう~期間について~

プロ 遺品整理の計画は事前に決めよう~期間について~

みなさんこんにちは、寝屋川市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

遺品整理をする上で大切なのが事前の準備・計画です。
遺族が話し合って遺品整理を行う時間は限りがあります。事前にしっかりと遺族と話し合い計画を立て、事を進めることができるようにしていきましょう。

今回は、「遺品整理を行う期間」についてご紹介いたします。

遺品整理時の片付けにどのくらいの日数・時間をかけるのかは、状況により人それぞれです。

気持ちの整理がついていないからまだ片付ける気にはなれないし、ゆっくりじっくりと時間をかけて整理をしていきたいという方もいらっしゃいます。
また、故人が一人暮らしで地方の実家に住んでいる場合、遺族一同が集まれる期間や日程が限られるため、早急に行いたいという方もいらっしゃるでしょう。

会社勤めの方であれば「忌引き休暇」以外にお休みを取ることが難しく、お通夜、お葬式の後すぐに遺品整理を全て終わらせたいと思っている方もいらっしゃると思います。
しかし、故人が事前に生前整理など身の回りの整理などを行っていなかった場合、全てを忌引き休暇内に行うのはとても難しいでしょう。

この場合は、忌引き休暇は遺品整理を行う時の下見の時間にしてみてはいかがでしょうか。
下見をした後、後日土日祝などの会社の公休を使って片付けを行うのです。

遺族が集まれる時に全員で、何を残すのか、捨てるのか、優先させる作業は何なのか話し合いましょう。

お困りごとの際は、オールサポートプロへご相談ください。

遺品整理業者とのトラブルについて~その2~

タグメモいろいろ

みなさんこんにちは、大阪市中央区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

前回に引き続き、遺品整理業者とのトラブルについてご紹介いたします。

3.遺品を不正な価格で買い取られる。

一般的な相場よりも極端に安い価格で買取りされてしまうケースがあります。
悪徳遺品整理業者は利幅を大きくするために、仕入れ金額を引き下げようとします。
購入時には50万ほどで購入したものが1万円で無理やり買い取られたり、買取りを希望しないのに買い取られてしまう問題も発生しています。
親族を失い、途方に暮れている状況では、正しい判断をすることも難かもしれません。しかし、後で損をして嫌な思いをしないように、相場価格を調べて適正な買取価格で買取をお願いしましょう。

4.金銭、金品の持ち去り被害
故人が一人暮らしだった場合、離れて暮らしていた遺族は故人がどこに金銭や金品を置いているのかなどを把握していません。そのため、遺品整理業者による金品の持ち去りを把握することができず被害に気付かない場合があります。
これを避けるために、できるだけ遺品整理を業者に依頼する場合は、立会いをお勧めします。

お困りごとの際はオールサポートプロへご相談ください。

pagetop