コラム/大阪・兵庫の遺品整理・特殊清掃はオールサポートPRO

オールサポートPRO
コラムコラム
トップ > コラム

遺品整理の計画は事前に決めよう~費用について~

プロ 遺品整理の計画は事前に決めよう~期間について~

みなさんこんにちは、門真市で不用品回収を行っているオールサポートプロです。

遺品整理を行う際、ご自身で遺品整理を行う場合と業者に依頼する場合で、費用が大きく変わります。

・故人のことをよく知り、残しておくべき遺品が何なのか、捨てるものはどれかをしっかりと把握している。
・時間に余裕がある。
・片付け作業を手伝ってくれる人がいる。
・車など荷物運搬のための道具が揃っている。

もしあなたが上記のような状況であれば、遺品整理をご自身で行うことで費用を安く抑えることができます。
しかし、会社勤めの方や子育てで忙しい方、家の中に要介護の高齢者がいる方など、遺品整理のために時間を作れない人も多くいらっしゃいます。

このような場合。費用は高くなりますが遺品整理・不要品処分・清掃などを行ってくれる遺品整理業者に依頼することをオススメします。
ご自身で荷物の仕分けやゴミの分別をする必要もありませんし、重い荷物を外へ運ぶ必要もありません。
また短時間で作業が完了するため、お急ぎの方にとても喜ばれます。

当社遺品整理費は、
1Rの場合 4万~
1DKの場合 6万~
1LDKの場合 8万~
2DKの場合 12万~
2LDKの場合 14万~
3DKの場合 16万~
3LDKの場合 18万~
を基本とさせていただいております。
※状況や荷物の多さによって変動する場合があります。こちらの料金に不用品回収費用は含まれておりません。

少し費用がかかってしまいますが、遺族だけで遺品整理を行おうと思えばとても時間がかかってしまう作業を最短1日(状況により異なる)で完了できるのはとても大きなメリットです。

費用を抑えたい場合は、価値のあるものや、まだまだ使えるものをリサイクルショップや遺品整理業者に買い取ってもらいましょう。
また、オークションサイトやフリマアプリなどを利用して遺品を販売し、次に使ってくれる人に譲る方法も良いでしょう。

お困りごとはオールサポートプロへご相談ください。

遺品整理の計画は事前に決めよう~期間について~

プロ 遺品整理の計画は事前に決めよう~期間について~

みなさんこんにちは、寝屋川市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

遺品整理をする上で大切なのが事前の準備・計画です。
遺族が話し合って遺品整理を行う時間は限りがあります。事前にしっかりと遺族と話し合い計画を立て、事を進めることができるようにしていきましょう。

今回は、「遺品整理を行う期間」についてご紹介いたします。

遺品整理時の片付けにどのくらいの日数・時間をかけるのかは、状況により人それぞれです。

気持ちの整理がついていないからまだ片付ける気にはなれないし、ゆっくりじっくりと時間をかけて整理をしていきたいという方もいらっしゃいます。
また、故人が一人暮らしで地方の実家に住んでいる場合、遺族一同が集まれる期間や日程が限られるため、早急に行いたいという方もいらっしゃるでしょう。

会社勤めの方であれば「忌引き休暇」以外にお休みを取ることが難しく、お通夜、お葬式の後すぐに遺品整理を全て終わらせたいと思っている方もいらっしゃると思います。
しかし、故人が事前に生前整理など身の回りの整理などを行っていなかった場合、全てを忌引き休暇内に行うのはとても難しいでしょう。

この場合は、忌引き休暇は遺品整理を行う時の下見の時間にしてみてはいかがでしょうか。
下見をした後、後日土日祝などの会社の公休を使って片付けを行うのです。

遺族が集まれる時に全員で、何を残すのか、捨てるのか、優先させる作業は何なのか話し合いましょう。

お困りごとの際は、オールサポートプロへご相談ください。

遺品整理業者とのトラブルについて~その2~

タグメモいろいろ

みなさんこんにちは、大阪市中央区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

前回に引き続き、遺品整理業者とのトラブルについてご紹介いたします。

3.遺品を不正な価格で買い取られる。

一般的な相場よりも極端に安い価格で買取りされてしまうケースがあります。
悪徳遺品整理業者は利幅を大きくするために、仕入れ金額を引き下げようとします。
購入時には50万ほどで購入したものが1万円で無理やり買い取られたり、買取りを希望しないのに買い取られてしまう問題も発生しています。
親族を失い、途方に暮れている状況では、正しい判断をすることも難かもしれません。しかし、後で損をして嫌な思いをしないように、相場価格を調べて適正な買取価格で買取をお願いしましょう。

4.金銭、金品の持ち去り被害
故人が一人暮らしだった場合、離れて暮らしていた遺族は故人がどこに金銭や金品を置いているのかなどを把握していません。そのため、遺品整理業者による金品の持ち去りを把握することができず被害に気付かない場合があります。
これを避けるために、できるだけ遺品整理を業者に依頼する場合は、立会いをお勧めします。

お困りごとの際はオールサポートプロへご相談ください。

遺品整理業者とのトラブルについて〜その1〜

タグメモいろいろ

みなさんこんにちは、大阪市鶴見区で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

昨今、終活という言葉や、遺品整理、生前整理という言葉が取り上げられていますね。
その影響で、遺品整理業者の数は2011年から今までで3倍以上増えました。
しかし残念なことに悪徳な業者も増えてきているのが現実です。
悪徳な遺品整理業者に依頼した場合、どのようなトラブルが発生してしまうのでしょうか。

1.高額請求

遺品整理業者トラブルでよくあるのが、見積もり金額とは別に追加料金で高額な料金を請求されるケースです。
「時間が予定よりも長くなったから」「運び出し荷物の量が多かったから」「処分に困る品物があったから」など理由をつけ、見積もりより何倍も高い料金を請求されるケースがあります。
また、遺品整理以外の契約を迫ってくる悪徳業者もいます。きっぱりと断ってトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

2.不法投棄

遺品整理をした後、大型の家具などを処分する必要があります。
料金を支払って不用品を回収してもらったにもかかわらず、道端や山奥に不法投棄するケースが増えています。後日警察から電話がかかって不法投棄されていた事実が発覚し、業者に連絡しても通じないため自身で回収し処分しなくてはならず二度手間とお金を無駄にしてしまったケースが多く発生しています。

業者の選択を誤ってしまうと、時間とお金、労力を無駄にしてしまいます。

次回に続きます。

遺品整理を行う上で確認するべきこと。

オールサポートプロ 遺品整理を行う上で確認するべきこと。

みなさんこんにちは、大阪市西区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

故人を失った悲しい気持ちも落ち着き、遺品整理を行おうとしている方はこちらをご一読いただき、遺品整理に取り掛かってみてはいかがでしょうか。

今回は遺品整理を行う上で事前に確認しておかなければならない事柄をご紹介いたします。

1.賃貸住宅の退去日を決定する。
故人が一人暮らしで賃貸住宅にお住いの場合は、大家に契約内容などを確認してもらい、退去の手続きを行いましょう。
いつまでも退去しないままでいると、家賃が発生してしまうため費用負担が大きくなってしまうので早めに取り掛かりたいところです。

2.相続人に集まってもらい、形見分けを行う。
形見分けとは、故人が残した愛用品等を親戚や友人に送ることです。
あとで揉めることがないように、全員を集めて形見分けを行うことが大事です。

3.遺品を整理する日時や費用を決め、費用を分担する。
遺族が公平に費用を負担するように、話し合いを行いましょう。

もし、必要であれば相続人以外の親戚や親交の深い友人などにも遺品整理を行うことを伝えておきましょう。
場合によっては、形見分けを希望する人もいるかもしれません。

遺品整理でお困りの際は私たちオールサポートプロへご相談ください。丁寧にご対応いたします。

実家を片付ける際に苦労すること

プロ 分別

みなさんこんにちは、大阪市浪速区で遺品整理を行なっているオールサポートプロです。

自宅の片付けを、梱包や荷物運びに慣れていない人が行うととても大変です。複数人で片付けを行うことができれば、手分けをして早く終わらせることも可能かもしれませんが、誰も手伝ってくれない場合は、多大な労力と時間がかかります。

まず、ゴミを捨てる際の分別に、とても苦労します。
燃えるゴミや不燃ゴミ、プラスチックゴミ、資源ごみなどゴミごとに分別し、決まった曜日にゴミ捨て場まで運ぶ作業があります。
また、大型の荷物を捨てる場合は、お住いの地域によって決められている粗大ゴミの処分方法を確認する必要があります。また、自分自身でゴミ収集場に持ち込む場合は、車を手配する必要があります。

また片付けを行うときは色々な道具が必要です。ゴミ袋や段ボール、軍手、マスクなど必要なものを揃えるための買い出しもしなければなりません。

このようにやることがたくさんあったり、曜日ごとにゴミ収集の品目が異なるため、1日ではなかなか片付けを完了するのは難しいです。

実家の片付けを必要とされていてお一人でどうしようか悩んでいる方は、私たちオールサポートプロへご相談ください。
遺品整理、ご供養、不要品の回収などをさせていただき、
お一人で何日もかかる作業を、最短1日でご対応させていただきます。お見積もりは無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

親の家を片付けたいけど時間がない?そんな時は遺品整理業者に相談してみましょう。

プロ 親の家を片付けるということ~子供に引き継がれるもの~

みなさんこんにちは、守口市で不用品回収を行っているオールサポートプロです。

「親の家を片付けたいが時間がない」という方はたくさんいらっしゃいます。
今回はどんな理由で片付けが難しいと感じているのか、そんな時はどうすれば良いのかをご紹介いたします。

1.仕事が忙しくて時間を作れない。
葬式などは忌引き休暇でお休みをとれますが、有給休暇等を使ってそれ以上休むとなると、業務に差し支えたり、同僚に負担をかけてしまうため、気を使って休めないことが多いようです。

2.子供が小さく、預かってくれる場所がない。
親が亡くなった今、子供を長期間預かってくれる場所を探すのは難しいかもしれません。
なんとかして預けたとしても、子供のことを心配し不安な状況で片付けをするのはあまりお勧めできません。

3.自宅に介護を必要とする高齢者がいるため、自宅を離れるわけにはいかない。
自宅で高齢者の生活のサポートをする方があなた一人だけだった場合、1日中家を空けることはむずかしいでしょう。

4.海外に住んでおり、帰国することができない。
海外に住んでいる場合、帰国するための航空券などに多額の費用がかかってしまいます。
仕事などを休み時間を作って帰ることもできないことも難しく、なかなか片付けることはできません。

このように様々な理由で親の家を片付けるのがむずかしい方がいらっしゃいます。
もし、親の家をすぐに片付けなければならなくてお困りの際は、私たちオールサポートプロへご相談ください。すぐに駆けつけ、お見積もりをさせていただき早急にご対応させていただきます。

親の家を片付けるということ~やらなくてはならないこと~

プロ 親の家を片付けるということ~やらなくてはならないこと~

みなさんこんにちは、豊中市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

前回は親の家を片付ける必要性をご紹介いたしました。
今回は両親が亡くなった際にやらなくてはならないことをご紹介します。

1.家財道具の処分
家の中に残っている家財道具などを処分する必要があります。
処分するのにお金がかかるものもあるので事前に確認しておきましょう。

2.不動産の今後を考える
所有している家の場合、今後家に誰が住むのか?売却するのか?賃貸にするのか?などを考える必要があります。

3.相続の問題を解決する
親が残してくれた貯金や財産の名義変更や、財産相続の手続き、形見分けを行う必要があります。

4.両親の人間関係を整理する。
親族や、親の友人に親の死を告知して最期の別れをしていただきます。

5.各契約を解除する。
賃貸住宅の解除や、電気やガス、水道の廃止、年金受給の停止の手続きを行います。

中にはとても時間がかかる手続きや、費用が発生するケースもあるため、放置することはできません。

親が亡くなる前に子供は事前に準備をして、備えておく必要があります。
人はいつか死んでしまう生き物です。親の死を考えるのは縁起が悪いことかもしれませんが、事前に考えることで親の死後、慌てることは少なくなるでしょう。
両親が安心して天国へ旅立てることができるように準備をしていきましょう。

お困りごとがございましたら、一度オールサポートプロへご相談ください。
丁寧にご対応させていただきます。

親の家を片付ける必要性~その2~

プロ 親の家を片付ける必要性

みなさんこんにちは、寝屋川市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

前回に引き続き、親の家を片付ける必要性についてご紹介いたします。

3.空き家になってしまう場合がある

両親が事故に巻き込まれたり、病気になってしまって病院や介護施設などに入院した場合、両親が住んでいた家は空き家になってしまいます。
家に残されたゴミを処分したり、整理しないと、ゴミ屋敷だと勘違いされて不法投棄をしやすい場所だと思わせてしまう場合があります。また、家電が老朽化すると漏電や火災などの事故が発生してしまう可能性がありとても危険です。
近隣住民や、自分たち自身のためにも空き家になってしまう場合は早急に家の片付けに取り掛かりましょう。

4.両親が亡くなり、親の家が賃貸住宅だった場合

もし両親の住んでいる物件が賃貸住宅だった場合、月末までに遺品整理や不要品を処分して部屋を明け渡す必要があります。
部屋を明け渡すことができなければ、その分家賃がかかってしまい残された遺族の費用負担がとても大きいです。

突然このような状態が起こるとパニックになってしまいます。
また家一つを丸ごと整理整頓、掃除することはとても時間がかかってしまい、簡単ではありません。

このような事態になる前に、両親が生前中に一緒に部屋の掃除を行いましょう。
次回は、「親の家を片付ける上でやらなければならないこと」についてご紹介いたします。

お困りごとはオールサポートプロへご相談ください。

親の家を片付ける必要性~その1~

プロ 親の家を片付ける必要性

みなさんこんにちは、吹田市で遺品整理を行っているオールサポートプロです。

今回は「親の家を片付ける必要性」について考えていこうと思います。

みなさんは最近、ご実家のお掃除・お片付けをされたことはありますか?

現代は核家族化が進み親元を離れて暮らす人がとても多くなりました。
いつかはやらなくてはいけないのだろうなと思っていても、「自分たちの家の掃除だけで精一杯だ」と実家の掃除を後回しにしてしまう人も多いでしょう。

しかし、両親の代わりに子供が親の家を片付ける時はある日突然やってきます。
後から後悔することがないように、親の家を片付ける必要性を考えていきましょう。

親の家を片付ける必要性

1.体力の低下と、判断力の低下で片付けることが難しくなる。

年老いた両親だけで家の中を掃除・片付けをしようとすると、体力の低下で体を思うように動かすことができません。
また、必要のあるモノ・ないモノの区別をする判断力も鈍ってくるため、本当は捨てたくなかったのに捨ててしまったなど後悔してしまう片付け方をしてしまう場合があります。
そのため、モノを捨てることに億劫になってしまい、どんどん家の中がモノにあふれてしまいます。
これをほっておくと、最悪の場合、ゴミ屋敷化してしまう可能性があります。

2.大量生産・大量消費の時代

現代は、物が多く作られ消費される大量生産・大量消費の時代です。
そのため、物がすぐにゴミになり家の中に溜まってしまいます。
また体力の低下で、ゴミを捨てようとしても、ゴミ収集場所まで運ぶことができなかったり、分別して捨てることが面倒でなかなか捨てることができない場合もあります。

次回へ続く。

お困りごとの際はオールサポートプロへご相談ください。

pagetop